二四〇九階の彼女 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 高階@聖人 
  • メディアワークス
3.46
  • (12)
  • (16)
  • (47)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 166
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840235921

作品紹介・あらすじ

無数の階層が連なる"塔"のかたちをした世界。各階層は神の代行機械であるアントロポシュカによって管理されていた。しかし管理する階層に住む人間が"幸せ"に暮らせる世界を作る、という命題を与えられ階層世界を運営してきたアントロポシュカたちは、永い時間を経て、その多くに狂いを生じていて…。"幸せ"に狂った世界の中を、少年・サドリは相棒のカエルとともに海を目指して塔を降りてゆく。かつて交わした「彼女」とのただひとつの約束を果たすために。優しくて残酷な、神様と世界のお話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友達に「何かいい本無い?」と聞いて「泣けるぜ」と紹介されたのがこれでした
    (´;ω;`)ウッ・・・
    確かにええ話や・・・;

    世界観がちょっと異質で、読み始めは怖いの5割違和感5割でしたw(結局慣れましたが
    全2巻なのが少し残念ですorz

    ・・・今思うとなかなかの女たらしっぷりだ主人公

  • 世界をコンピュータが支配し、人類は巨大な塔の各階層に詰め込まれた世界で、塔を下っていく少年の物語です。
    基本的に短編となっています。
    この本では5つの短編(あとがきには4つの短編と1つの掌編とありますが)が掲載されています。
    世界の隙間の図書館の話、戦争の世界の話、カエルの国の話、幸せを求めた結果人類が居なくなった世界の話、塔を下る前の話の5篇です。
    カエルの国の話が短いので、掌編というところでしょうか。
    ミステリーでもサスペンスでもアクションでも無いです。
    基本的に切ない話です。
    図書館の話は物語の後が悲惨なのが見えているし、戦争の世界と人類の居ない世界は最後は悲しい話だし、塔を下る前の話は別の塔が崩壊してしまうしで、基本切ないです。
    カエルの国の話がコメディなので、ホッとするところですかね。
    ちょうど本の真ん中ですし。
    話の内容や量的には物足りないかなという感じです。
    もうちょっと世界設定を語らない方が良いんじゃないかなとは思ったりします。
    デビュー作らしいので、物足りなくても仕方ないのかなとも思いますが。

  • 塔の階層ごとにいろんな世界がある
    幸せを求めて機械が支配している

    キノっぽいかんじ?

    階を移動するには門に鍵となる人物をつれていく

    少年とカエル型機械が旅をする

  • しゃべるカエル(機械)は予想外に雌型でした。
    表紙を見るとラブコメや萌え系に見えるかもしれませんが、違います。
    塔の世界を一層一層下りながら旅する人の話。

  • 塔の外の世界を目指して様々な世界を冒険することになるのだが、どの場所も一筋縄ではいかず、切ない描写や管理システムの暴走による危険なシーンなどがあり、飽きさせない作りになっていた。
    いわゆるプロローグが一番最後の章にあるので、最初は戸惑ったが、管理システムや鍵と門の存在など気になる設定が多い。

  • メディアワークス文庫「妄想ジョナさん。」から遡って作者買い。

    大当たりでした。
    連作短編でどの章もじんわりと温かくて切なくて、凄く好き。
    「九四三階の戦争」と「一〇五六階の幻想」、表題の「二四〇九階の彼女」が特に良かった。ほぼ全部だけども。

    全編に漂う不完全さ、理不尽さと、主人公サドリの人間を根底的に肯定する温かさのギャップが、世界の危うさを際立たせているように思う。
    読み進めるにつれて時系列を遡っていく構成が秀逸。ラストで明かされるかなーと期待していた「鍵と門」」については抽象的な表現に留めてあり、ちょっと取ってつけた感が気にはなった。

    でも正統派に泣ける。絵に描いたようなセカイ系だし、ありがちと言ってしまえばそれまでではあるけれど。
    「さようなら、また会いましょう」
    何万回も使われたようなこのラストシーンの約束の言葉でシッカリじんわりと泣けるくらい、丁寧に積み重ねて描かれていると思う。
    心に響く。

    普段あんまり人にオススメ出来ないような本ばかりを愛読しているので、今度誰かに「なんか感動できる良い本ない?」と比較的無軌道に訊かれたらこれを推薦したいと思います。

  • どーしようもなく切ない

  • 階層によって世界が違うという独特の世界観がすごく好きです。

    印象深かったのは光のない世界の話です。

    真っ暗なのに鳥がさえずっていて、自然があるんです。

    面白いので是非。

  • 友人の小説。

    世界観がとてもユニーク。
    短編であることで、とてもさくさく読める。

全11件中 1 - 10件を表示

二四〇九階の彼女 (電撃文庫)のその他の作品

西村悠の作品

二四〇九階の彼女 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする