貧しい国で女の子として生きるということ―開発途上国からの5つの物語

制作 : 遊タイム出版  プランジャパン 
  • 遊タイム出版
3.76
  • (5)
  • (8)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860102845

作品紹介・あらすじ

学校に通えたら運がいい、12歳で結婚させられなかったら運がいい。発展途上国に生まれた女の子たちの現実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途上国の女の子5人の実話をもとに書かれている本。
    インドで早すぎる結婚をさせられた女の子。
    シエラレオネで反乱軍に誘拐され、少女兵として戦わされ、無理やり兵士の妻にさせられた女の子。
    ネパールで誘拐されてインドの売春宿に売られた女の子。
    ペルーで片道2時間かけて学校へ通う女の子。
    セネガルで運良く学校へ行け、今は独立して仕立て屋をやっている女の子。
    希望がある話、ない話それぞれが紹介され、さらにその話に関連するデータもそれぞれの章の後ろに乗っていて、数字で色々読めるので、世界で何が起きているのかわかりやすく知ることができる。

    うちのNGOプランジャパンが編集した本で、一冊につき15円がBecause I am a girlのキャンペーンに寄付されます。

  • 彼女たちをとりまく厳しい現実にとても切なくなりました。

  • 発展途上国での女の子の現実、衝撃的でした。
    短い文章が心に突き刺さって痛い。女の子だからこその希望をもてる日常を送れるように、ちょっと考えてみたい。
    写真の女の子たちの顔が勇気づけられる。
    すぐ読める。

  • 男尊女卑。
    私の嫌いなものの1つだ。

    写真と文章との関係性は薄いけれど(薄いというか、ほとんど無い)
    写された少女たちの顔を見ていると
    みんな幸せになってほしい、と
    祈りたくなる。

  • 日本で女性として生まれたことは奇跡です。これにはきっと意味があって、日本からだからこそ出来ることがきっとあると思う。私はまた生まれ変わるなら女が良い、女の子は楽しいから。そうゆう気持ちを一緒に共有出来るように、わたしに出来ることを考えて生きたい。

  • 社会起業家になろう。決めた。

  • あまり発展途上国やストリートチルドレン、少女兵に馴染みがない人には衝撃的だし良いのかも。

  • 2011年3月
    川口市立図書館で借りて読みました。

    「女の子の母」として・・・自分にできることは???
    考えさせられました。

    NGOプランジャパン

  • ちょっと中途半端かなぁ…

    文章をたくさんいれてほしかった。
    突っ込んだ取材をしてほしかったかな。

全14件中 1 - 10件を表示

貧しい国で女の子として生きるということ―開発途上国からの5つの物語のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
ヴィクトール・E...
大野 更紗
三浦 しをん
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

貧しい国で女の子として生きるということ―開発途上国からの5つの物語はこんな本です

ツイートする