瓶詰地獄 (お風呂で読む文庫 21)

著者 :
  • フロンティアニセン
3.57
  • (10)
  • (7)
  • (25)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861970214

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 丸尾末広先生のお陰で、読む事ができました。
    夢野作品にピッタリな絵、雰囲気。是非ドグラ・マグラを書いて欲しい

  • 青空文庫にて。

    さすが、夢野久作。
    こりゃ、地獄だわね。
    この時代、禁忌を犯すくらいなら、いっそ死んでしまおうなんだね。
    今は…どうかなぁ。

    最初、二人の姉妹かと思っていたのに。

  • 最高級の掌編。私的に夢野久作随一の作品だと思う。無人島で睦みあい達者に生き、そして死ぬ。ふたりで。兄妹の欠けるところのない愛情の昇華。これはもう神話級。そして忘れちゃいかんのがお風呂で読める塩化ビニル製。ということ。

  • 何度読んでも飽きない。

  • ※未読

  • 読んで損はないが、怖い。

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2006/07/post_ab84.html" target="_blank">2006年7月3日</A>

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

明治22 (1889)年1月4日福岡に生まれる。本名杉山泰道。幼名直樹。法号萠圓。父杉山茂丸は近代における政界の黒幕といわれた。旧制修猷館中学を卒業後、近衛歩兵連隊に入隊。慶応義塾大学に入学後、大正2(1913)年に中退。放浪生活ののちに出家し、僧侶となる。大正6(1917)年に還俗し、父の出資による農園を経営する傍ら執筆を開始。結婚し、喜多流の謡曲教授となる。大正8(1919)年に九州日報に入社、記者となる。大正15 (1926)年に「あやかしの鼓」を発表し作家活動を始める。昭和10(1935)年「ドグラ・マグラ」を出版。昭和11年(1936)3月11日逝去、享年47歳。

「2018年 『定本 夢野久作全集 第5巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瓶詰地獄 (お風呂で読む文庫 21)のその他の作品

瓶詰地獄 Audible版 瓶詰地獄 夢野久作

夢野久作の作品

ツイートする