小池一夫のキャラクター新論 ソーシャルメディアが動かすキャラクターの力

著者 :
  • 小池書院
4.29
  • (9)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862257024

作品紹介・あらすじ

小池一夫が伝授する「キャラを起てる技術」の極意!ソーシャルメディア(Twitter、FaceBook等)が歴史を動かし始めた!『子連れ狼』『クライング・フリーマン』等、数多くのヒット作を持ち、多くの漫画家・クリエイターを育てた漫画原作者・小池一夫が、創作やビジネスに使える「キャラクター思考」と、消費者生成メディア(CGM)時代にこそ活きる「キャラを起てる技術」の極意を伝授する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    エジプト革命、東京都青少年育成条例……ソーシャルメディア(Twitter,FaceBook等)が歴史を動かし始めた!
    インターネットメディアにこそ必要な「キャラクター思考」とは何か! そして、消費者生成メディア(CGM)時代の「キャラを起てる技術」とは! ?

    【キーワード】
    単行本・キャラクター・メディア

  • 恩師にあたる小池先生が、これまで著書などで仰られてきた論に、さらに最新(2014年時)の見解を混ぜてアップデートした内容・「キャラクター新論」を説いている。

    また、本書の内容もさることながら特典DVD(二時間収録)も良かった。
    山口貴由先生など、映像メディアに出られること自体めずらしい方だし、今や入手困難な出版物の実物紹介などもあわせ、貴重な映像資料にもなっている。

    この映像は「ニコニコ生放送」での企画番組の収録だが、この企画自体は他の放送回も複数存在していたはずなので、それら未収録回もぜひ商品化をして頂きたいところ。

    どうしてリリースしないのよーーーッ!!

  • キャラクター創作本など無数に存在するこのご時世で、ミクを表紙に使ってまで発表するような「新論」では無かったように思える。
    新論というか、既成論の集合体じゃない?みたいな。
    キャラクター云々はイマイチだったが、ソーシャルメディアや条例改正についてなどは、さすが新しい本というだけあって、よく抑えてある。その点には唸らされることがあった。

  • 和図書 726/Ko31
    資料ID 2011101101

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

作家、漫画原作者
中央大学法学部卒。大学時代より時代小説家・山手樹一郎氏に師事。1970年『子連れ狼』(画/小島剛夕)を執筆以来、漫画原作、小説、作詞、脚本など幅広い創作活動を行う。代表作に『首斬り朝』『修羅雪姫』『弐十手物語』『クライングフリーマン』など多数。1977年より漫画家育成のため「劇画村塾」を開塾。独自の創作理論「キャラクター原論」を教え、高橋留美子、さくまあきら、原哲夫、堀井雄二、板垣恵介など多くのクリエイターを育てる。2000年以降は学校教育の中でも後進育成を行う。2005年米国漫画界のアカデミー賞といわれる「アイズナー賞」の「漫画家の殿堂入り」。2010年より開始したツイッターのフォロワー数は80万人を超える(@koikekazuo)。

「2018年 『小池一夫のキャラクター進化論(2)変化と進化のスーパーキャラクター≪へンしン・パ!≫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小池一夫の作品

ツイートする