サーバントリーダーシップ

制作 : ラリー・C・スピアーズ  金井壽宏  金井真弓 
  • 英治出版
3.52
  • (19)
  • (24)
  • (36)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 450
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760401

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リーダーシップというとビジョンを掲げグイグイと周囲を引っ張っていくような印象がまず浮かぶ。
    サーバントリーダーシップはそれとは少し異なり、フォロワーに対してリーダーが奉仕し、相手に尽くしてこそフォロワーの信頼が得られるというもの。
    考え自体は1969年に提唱されたもの。企業の不祥事などが起こっている昨今で、自身を振り返るきっかけになるかもしれない。ページ数も多くスラスラとは読めなかったが、カーネギーの「人を動かす」と内容が似ている。

  • 良書と言われているのに、その良さを感じない。この良さを感じるための前提となる知識が自分に足りないのかもしれない。

  • 読了

  • 人間の気持ちの中で本質的な変化の源となるものはふたつしかない。強い願望と絶望。
    最も重要なリーダーシップ能力は、概念化すること

  • 版されたときに買ったのだが、なんだか難しくて、途中で挫折していた。が、ちょっとまた気になって、読んでみた。やはり難しい。リーダーシップ論というより、なんかコーポレートガバナンス論とか、CSR論みたいな印象かな。本文より、コビィーやセンゲの文章のほうが分かりやすく、よかったかな。まだまだ、この本の良さがわかるには、修行がたりないということか。

  • 例え話みたいのばっかりで、何が言いたいのか全然整理されていない感じがする、クソ本認定してよい本だと思う。
    かろうじて読取れたのは、トップダウンに弊害があるって話とか、リーダーシップ、責任感が必要ってところか。
    一般人向けに要約した本があれば、そちらを読んだ方が良いと思う。

  • 出現する未来や学習する組織と合わせて読むと理解が深まる。

  • 「サーバント(召使い、奉仕者)」と「リーダー(導く人)」という言葉は対極のようにも思えるが、相手の立場で考え、奉仕することによってフォロワーは奉仕してくれた者を信頼し、「この人に尽くそう」と考えるものである。

    第1章においてサーバントリーダーの概念について論じた後は、第2、3章で大規模組織の代表格である企業、大学、教会に焦点を当て、組織のあり方と“トラスティ”の果たすべき役割を指摘している。
    統計データなどを活用した学術的な内容ではないが、実務を通した経験によって行き着いた結論が本書なのであろう。監修者解説まで含めると570ページにも及ぶ大著だが、冗長であり、かつ訳者の問題と思われるがとにかく読みづらい(金井壽宏氏の他の訳本を読んだことがあるが、やはり読みづらかった)。

    第4章で読むのがしんどくなり、第5章はまったく頭に入ってこず…第6、7章の財団および教会におけるサーバントリーダーシップの話は読まずに飛ばした。
    第8章はズバリ「サーバントリーダー」と銘打たれていたため読んでみたが、紹介されている人物(大学の学長)に関してリーダーとしての資質を感じ取ることはできても、どのあたりがサーバントだったのかが今ひとつ分からずじまい…。

    第9章では、次世代を担う若者への提言を5つの言葉で示し、第10章では、現代における世界のリーダーであるアメリカという国について、援助するという行為にはともすると傲慢になり、モラルに反する危険性が伴うとし、もっとサーバントであるべきことを訴えているように感じる。

    そして最後の第11章では、ロバート・フロストの「指示」という詩を通して人としてのあり方を説く。宗教的、哲学的な内容だが、実はそれらに関連する道徳・倫理といった側面こそ、組織において人と人を結ぶ強力な“つなぎ”の役割を果たすのではないだろうか。そういう意味では、稲盛和夫の『生き方』などを併読すると“職業倫理”の重要性をより感じることができると思う。

    第1章は必読だが、それ以外の章はピンとくるところだけに絞って読んでよいと思う。
    まがりなりにも読み切ったという満足感はあるが、難解で分厚い本に敢えて挑戦したいという人でなければ、本書をベースにしつつポイントがまとめられている「サーバントリーダーシップ入門(かんき出版)」の方がおすすめできる(こちらの方が100倍読みやすい)。

  • 組織が人々を「力」で「操る」のではなく、「奉仕」によって「導く」ことを通じて、社会により大きな価値を生み出すべきであると提言した、リーダーシップ論の古典。

    組織が大規模化するにつれて官僚化・非人間化・凡庸化していくことに対し、著者は、傾聴や共感、直感を大切にしながら、謙虚に気づきや学びを求める「奉仕型」リーダーこそが、フォロワーの信頼を得て、有能な「トラスティ」(取締役会や理事会など)とも協調しつつ、よりフラットな組織を導くことにより、従来の「パワー型」リーダーが率いるピラミッド型組織よりも、社会にとって意義のある貢献ができると主張する。

    原文は著者による1970年代に書かれた論文や講演録であるが、驚くほど今日の社会環境でも有効な示唆に溢れており、聖書や詩からの引用もあって味わい深い。自己実現や成長の機会によって従業員に「奉仕」する組織こそが、サービス・商品提供を通じて社会に「奉仕」できる。「企業倫理」や「CSR」といった狭い文脈で片付けるのではなく、「真に高い成果を出すための実践的リーダーシップ論」として、座右に置きたい。

  • 請求記号 336.3/G 82

全33件中 1 - 10件を表示

サーバントリーダーシップのその他の作品

サーバントリーダーシップ Kindle版 サーバントリーダーシップ ロバート・K・グリーンリーフ

ロバート・K・グリーンリーフの作品

サーバントリーダーシップに関連するまとめ

サーバントリーダーシップを本棚に登録しているひと

ツイートする