ハワイ王国 (カメハメハからクヒオまで)

著者 :
  • イカロス出版
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863204768

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014.4読了

    ハワイ旅行前に主人にすすめられて読んだ。
    ハワイを治めてきた歴代王や、妻などの解説がわかりやすいエピソードと共に載っています。

    アロハオエの有名な歌はリディア女王が王位を奪われて国をアメリカにとられて、イオラニ宮殿で幽閉されてるときに作った歌だったなんて!

    フラダンスもただ楽しく踊ってるわけじゃないんだね...

  • 三冊一気買いの一冊。感想は後日近いうちに。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科准教授
専攻:アメリカ研究
主要著書
『ハワイの歴史と文化——悲劇と誇りのモザイクの中で』(中公新書、2002年)
『ハワイ研究への招待——フィールドワークから見える新しいハワイ像』(分担執筆、関西学院大学出版会、2004年)
『フラとハワイの歴史物語』(イカロス出版、2005年)
『現代アメリカのキーワード』(共編著、中公新書、2006年)

矢口祐人の作品

ツイートする