ミニマリズム

制作 : ジェイムズ マイヤー 
  • ファイドン
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864410007

作品紹介・あらすじ

ミニマリズムという用語は、1960年代に幾何学的な技法を全体にあるいはシリアルな形で用いて新しい種類の抽象芸術を生み出したアメリカのアーティストたちの活動を表す言葉として生まれたものである。本書は、カール・アンドレ、ダン・フラヴィン、ドナルド・ジャッド、ソル・ルウィットなど、ミニマリズムに関係した主要な人物の経歴、さらにはミニマリズムと関わったその他のアーティストの活動を扱っている。具体的に対象となっているのは、彫刻家のラリー・ベル、エヴァ・ヘッセ、ジョン・マクラッケン、ロバート・モリス、アン・トルット、そして画家のジョー・ベーア、ロバート・マンゴールド、ブライス・マーデン、アグネス・マーティン、ロバート・ライマン、およびフランク・ステラなどである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドナルド・ジャッドの作品。

  • ミニマリズムの芸術関係の画集兼解説。

    見た感じシンプルで装飾が少ないと感じるがそういうもの。
    すっきりとしたオブジェが大半なので現代芸術だなって感じ。
    でもきちんと意図をもってしてのすっきりさなので計算されているのが興味深い。

  • パリのJGMギャラリーで見たSOL LEWITTの作品を生で見て以来、ミニマルアートの虜に。先日、国立国際美術館でドナルド・ジャッドとバーネット・ニューマンの作品を見たばかり。ミニマルの本質にもっと迫りたい。

全3件中 1 - 3件を表示

ミニマリズムのその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クロード・レヴィ...
クリス・アンダー...
トマ・ピケティ
安部 公房
三島 由紀夫
村上 隆
フランツ・カフカ
クレメント グリ...
リチャード・ドー...
岡田 温司
村上 隆
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする