ビッグツリー 私は仕事も家族も決してあきらめない

著者 :
  • WAVE出版
3.45
  • (8)
  • (24)
  • (25)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 151
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872902655

作品紹介・あらすじ

入院43回、繰り返す自殺未遂、6度の転勤、単身赴任、激務、そして…。自閉症の子、うつ病の妻の心と命を守り抜き、東レ同期トップで取締役、家族を再生した感動の手記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか、ここまでできないですが、家族愛のなせる技かと思います。

  • うちの母親が、2度もメールでお勧めと送って来ていたので読んでみた。著者の佐々木常夫さんという方は著書も多いので知っていたが、読んでみたのはこの本が初めて。しかしまあ、すごいとしか言いようが無い人だ。普通だったらこんな大変な経験をしていたら、どこかで折れていてもおかしくないが、ガツガツ進んで行っている。ただし、そのガツガツさや完璧さが逆に家族の主になっていたという事も振り返る、第10章とかが特に印象に残った。自己満足と思いやりとの違い。読んで良かったと本当に思える本だった。

  • 体験記。壮絶な人生だ、と思いながら読みすすめてみましたが、今の日本では何らかの不自由さを持つ人が2、3人に1人はいるそう。恥ずかしいことだと隠さずに周りに知ってもらい、支え合う、という言葉が印象に残っている。
    今の日本では障害=タブーという風潮がどことなく感じられるので、そういうのが薄れていけば少しは暮らしやすい社会になるのではないか、と感じさせる内容だった。

  • 大学院の先生がお勧めしたくださった本の1つ。
    壮絶な内容だった。
    仕事は激務であっても、家族に対しての仕事(といえばいいのだろうか)も手を抜かない佐々木さんはすごい…。

  • 以前からこの本は、職場の人の紹介で知っていたけれど、小山龍介さん主催の佐々木常夫さんの講演を聴講して、読みたくなりました。
    講演ではあっけらかんと明るく語られる佐々木さんではありますが、壮絶な経験をされ、それを乗り越えてこられた姿が描かれています。
    運命を引き受ける覚悟に凄味すら感じました。

  • 著者の佐々木常夫さんがテレビのドキュメンタリー番組に出ていたのがきっかけで読んでみることにしました。:仕事も家庭もあきらめない:という著者、超多忙な仕事をしながら、育児、炊事、洗濯、掃除のすべてをこなしている。病気の妻、障害をもつ息子の問題にも前向きに考えていく著者に勇気をもらいます。

  • 2006年11月読了

  • さぞかしバイタリティ溢れる、やり手のオーラを放ってる人かと思いきや、佐々木さんの講演会で感じたことは、良い意味で力が抜けた方。剛ではなく柔。この柔らかさが柔軟な発想を生み、いくつもの困難を乗り越えてこれた所以なのかな。
    この方を前にして、「〇〇だからこれ以上の仕事はできません」なんて言い訳ができないと感じた。

  • 入院43回、繰り返す自殺未遂、6度の転勤、単身赴任、激務、そして…。自閉症の子、うつ病の妻の心と命を守り抜き、東レ同期トップで取締役、家族を再生した感動の手記。

  • 東レの佐々木さんの自伝的一冊。
    人生順調満帆にはいきません

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1944年生まれ。東レ入社後、すべての育児・家事・看病をこなすために、毎日18時に退社する必要に迫られ、「最短距離」で「最大の成果」を生み出す仕事術を極める。業務でも釣り具業界の流通構造改革、3年間で世界各国に12カ所、計約1000億円の設備投資を実行するグローバルオペレーションなど、数々の大事業を成功に導く。東レ経営研究所時代に書いた話題作『ビッグツリー』をはじめ、著作累計は130万部を超える。著書に、『ビッグツリー』『そうか君は課長になったのか』(以上、WAVE出版)など、多数。

「2018年 『決定版 部下を伸ばす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木常夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ビッグツリー 私は仕事も家族も決してあきらめないを本棚に登録しているひと

ツイートする