END&(エンドアンド)

著者 :
  • WAVE出版
3.52
  • (13)
  • (10)
  • (41)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 143
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872902792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アシカやカエルが主役じゃない、デビュ-当時の普通の少女漫画(?)らしき作品を初めて読めました(笑)。若干の気恥ずかしさはあるんですけども、なにかこう、ルーツを見たようで新鮮でした。

  • 静かで泣けちゃう話。

  • 終わりと始まりの物語の海に咲くロータス。全ての戦う日常は、それぞれの人生は、バラ色。神様に願い祈るように儚く、荒野に咲くタンポポのように「つよつよ」。

  • 眠る前にお祈りしましょう
    あのことあたしたちと
    いなくなったすべての女の子のために

  • しゃれた本。
    借りて読んだ漫画なのだけど、この作家の本は、これを初めて読むので、しかも他のも読んでないので、表現が難しかった。
    もっと色々読むと、ああ、これは、こういう意味合いで使っているモチーフなのだなとか、このストーリーの流れは、こういうものの揶揄だなとか、解るような気がするんだけど、残念

    何か他のも読んでみたい

  • 人が誰しも心の奥底にしまいこんでいる普遍的な感情をふるわす珠玉の作品集。新たなドラマの始まりを感じさせる書き下ろし作品「END&」のほか、「ロータス1-2-3」など7編を収録。

  • 小説と融合したような画面構成や詩的な文がとても好き。今回は初期作品が主ですが、楠本まきさんの作風に近い感じがしますね(どちらも好きです)。『受胎告知』が妙に印象的でした。

  • ¥350

  • 全1巻、未収録作品短編集

  • 今現在のイメージから見るとちょっと違和感があるかも。源流を見たい方に。

全14件中 1 - 10件を表示

鈴木志保の作品

ツイートする