はしれ さんてつ、きぼうをのせて (知ることって、たのしい!)

著者 :
制作 : 間瀬 なおかた 
  • WAVE出版
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872909524

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [墨田区図書館]

    2011年3月に起った地震の際の実際の復興話。なんのことはない?地方か、ともすると架空の乗り物主人公話と思って手に取ったのでおっと思ってしまったけれど、一見物語とも取れるこのようなスタイルの絵本で色々な歴史的なノンフィクションを読ませて行けたらいいな。

  • 東日本大震災からの復興を願う人々の思いが溢れる素晴らしい絵本。地震後わずか5日後に三陸鉄道北リアス線は運転を再開させたなんて驚き。人々の強い思いがひとつになって困難から力強く立ち上がることができた。やさしい絵もいいですね。

  • 東日本大震災で被害にあった三陸鉄道のお話。
    絵本ですが、漢字も多いので少し難しいかも。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

滋賀県生まれ。同志社大学商学部卒業。日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、宮沢賢治学会、日本野鳥の会会員。童話や児童小説の他、子ども向けノンフィクションを多く書いている。野鳥や自然を題材とした物、人物ノンフィクションの作品が多い。2010年に作家や編集者たちと〈ノンフィクション児童文学研究会〉を立ち上げ、ノンフィクションについての研究活動を続けている。おもな著書に『スズメの大研究』星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて』(共にPHP研究所)、『絵本 宮沢賢治の鳥』(岩崎書店)、『信長とまぼろしの安土城』『鳥のいる地球すばらしい』(共に文溪堂)などがある。『トキよ未来にはばたけ』(くもん出版)で第7回福田清人賞を受賞。

「2018年 『ノンフィクション児童文学の力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

国松俊英の作品

ツイートする