平和のバトンをつないで―広島と長崎の二重被爆者・山口彊さんからの伝言 (いのちのドラマ)

著者 :
制作 : タムラ フキコ 
  • WAVE出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872909623

作品紹介・あらすじ

一九四五年八月、広島と長崎に投下された原子爆弾を二度その身で体験した「二重被爆者」の山口彊さんは、九十歳で語り部となり、国連で核兵器廃絶をうったえました。核のない平和な世界への祈りがこめられたバトンは、今、わたしたちに託されています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知らなかった。日本人なのに。広島と長崎、二か所で二重被曝した人がいたなんて。
    可能性としてはありえるわけだが、そんなこと考えたこともなかった。広島にも長崎にも修学旅行に行ってかなり詳しく知っているつもりだったが、知らないことがまだまだあってショックだった。もっと広めていくべきだと思う。
    今回読んだのは児童書だったので概要がつかみやすかった。大人用の詳しい本「二重被曝」も出ているらしい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

【池田まき子・著】  1958年秋田県生まれ。雑誌の編集者を経て、1988年留学のためオーストラリアへ渡って以来、首都キャンベラ市に在住。フリーランス・ライター。主な著書に『まぼろしの大陸へ 白瀬中尉南極探検物語』『命の教室 動物管理センターからのメッセージ』『夢をあきらめない 全盲のランナー・高橋勇市物語』(以上岩崎書店)、『地震の村で待っていた猫のチボとハル』『検疫探知犬クレオとキャンディー』(以上ハート出版)、『生きるんだ!ラッキー』(学研)、訳書に「すすにまみれた思い出・家族の絆をもとめて』(金の星社/産経児童出版文化賞推薦)などがある。

「2014年 『光と音のない世界で 盲ろうの東大教授・福島智物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田まき子の作品

平和のバトンをつないで―広島と長崎の二重被爆者・山口彊さんからの伝言 (いのちのドラマ)を本棚に登録しているひと

ツイートする