大どろぼう くまさん (スピカみんなのえほん)

制作 : ふりや かよこ 
  • 教育画劇
3.79
  • (4)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876920556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 優しい色の絵と優しいお話
    心がじんわりと温かくなりました。

  • 泥棒の大男が街で宝石を盗んで森の中に身を隠す。
    小さな小屋を発見し、中に入ると、動物たちが襲い掛かってきた。
    おじいさんがいて動物の世話をしているのだった。
    おじいさんは泥棒を見て只者ではないと思いつつも、クマさんと呼び、料理を薦める。
    泥棒はクマではない、と言うがおじいさんはいいや、クマさんだ、と言う。
    泥棒はみんなの分の料理も一人で勝手に平らげ、そのまま寝てしまう。
    翌朝、泥棒が目を覚ますと、おじいさんが怪我をして治った動物たちを森に離していた。
    しばらく、一緒に過ごすうちに泥棒はおじいさんと自分を比べ、おじいさんに盗んだ宝石を分けてあげようとする。
    おじいさんはドロップだと思うが、宝石だと知り、自分には必要ないと言う。
    しばらくして、泥棒は街に降りて行った。
    数年経ち、大男が山に登って行く。
    クマさんだ、と言い小屋のドアを開けると、おじいさんがベッドで寝込んでいた。
    クマさんはおじいさんの看病をする。
    そうして、長い時間が経つと、森の小屋で動物たちの世話をするおじいさんがいる。
    それはあのクマさんだったのだった。

    いい話。
    心が温まる。

  • 男の人はどろぼうだけど、さいごにおじいさんをたすけていたので、いい人なのか悪い人なのか、わからないところがおすすめです。

  • やさしさに包まれていると、人って変われるのかなァ?

  • 2003年度  5年生  1月  8分

  • 町で宝石を盗んだどろぼうが怪我をして、森の中に逃げ込みました。
    森の小屋には動物の世話をする、一人のおじいさんが住んでいました。
    どろぼうはおじいさんに対して威張り散らすんだけど
    おじいさんはどろぼうを「くまさん」と呼んで、怪我の理由も聞かずひたすら優しく接します。
    その優しさに少しだけ心を開き、怪我の手当てをしてもらったお礼に
    宝石をおじいさんにあげようとするけど、断られてその晩泥棒は考え込みます。
    改心した泥棒は、おじいさんの前から姿を消し、宝石を返しに行きます。
    泥棒がまた森に戻った時、おじいさんは高齢のため寝込んでいました。
    どろぼうはおじいさんの看病をします。
    時が過ぎ、森には一人の男が動物と暮らしていました。
    それは、あの泥棒なのでした。

    これも、大学のサークルで知ったお話。
    どろぼうだけでなく、読み手(私)のすさんだ心も清らかにしてくれるような
    あったかいお話です。

  • 天下の大泥棒が、宝石をざっくざっ盗み
    逃げてきたのが…森の中。

    森の中で、動物たちと助け合いながら
    くらしていた、おじいさんの小さな家をみつける。

    おじいさんは、大泥棒の姿を見て
    ただものではないなっと判断。
    そこで、やさしく声をかけた。

    「これは、これは、くまさん。ようこそ!」

    大泥棒は???

    動物たちと、やさしいおじいさんと
    森の中で暮らし始めた大泥棒。

    大泥棒の心にも変化が…

全8件中 1 - 8件を表示

ふりやかよこの作品

大どろぼう くまさん (スピカみんなのえほん)に関連するまとめ

大どろぼう くまさん (スピカみんなのえほん)はこんな本です

ツイートする