大いなる生命学―アーユルヴェーダの精髄

著者 :
  • 三五館
3.71
  • (4)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883201341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【2015/3/12】
    紹介者:米山愛さん
    レビュー:米山

    アーユルヴェーダの歴史を紐解く(わかりやすく)物語。
    前半は読みやすくおもしろい。後半は知識が詰まってる、生命について考えさせてくれる本(≧∇≦)

  • たいへんよい本ですが、やはりちょっと難しく、スラスラとは行きません。
    でも、自分の体質や食べ物についてさまざまに考えるきっかけとなります。
    ☆は3つですが、手元に置いてテキストにしておきたい良い本です。

    • miniminiminikoさん
      レビューを読んで読んでみたいなと思いました。
      レビューを読んで読んでみたいなと思いました。
      2010/04/22
    • くろねこ・ぷぅさん
      青山さんの瞑想のセミナーを受ける際にもテキストになるみたいです。
      図書館で借りて読みましたが、買っておこうかと思いました。しかし、図書館に...
      青山さんの瞑想のセミナーを受ける際にもテキストになるみたいです。
      図書館で借りて読みましたが、買っておこうかと思いました。しかし、図書館に青山さんの本のほとんどが蔵書されてるというのにも驚いております。現在は閉架書庫ですが・・・(汗)
      2010/04/29
  • 生命科学の決定版

    人類医学の夜明け
    宇宙創生の哲学
    生命の成り立ち
    人生と時の科学
    食について
    人はなぜ、病気になるのか
    普遍知性へのめざめ

  • ちょっとアーユルヴェーダの本が読みたくなって、どれにしようかな?と選んだのがこれ。
    過去に読んだこの人の「アガスティアの葉」とか「理性のゆらぎ」が結構面白かったんで。
    思ったとおり、ビンゴでした。
    アーユルヴェーダの基礎の基礎は、かなりしっかり把握できるのではないかと思う。
    私の3タイプの値はかなり均一だったけど、若干「ヴェータ」体質が勝っているみたい~。(なんとなく予想どおり?(^^;))
    本格的な全身オイルマッサージ受けたいなぁ~・・・。気持ちよさそう~。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

作家。1959年広島県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。量子物理化学を専門としながら、インド伝承医学とその哲学的基礎に関心を持つ。著書に『理性のゆらぎ』、『大いなる生命学』『祈りの言葉』など。

青山圭秀の作品

ツイートする