ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

  • ソニー・コンピュータエンタテインメント (2002年7月11日発売)
  • PlayStation2
3.97
  • (75)
  • (38)
  • (78)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 299
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4948872150262

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やれることが増え、海が泳げるのはポイント高い。
    実際に小学生の頃、ここのモデルになった街に遊びに行ったことがあるけれど、今でもそのことを思い出す。

  • 駄作といわれても、これやるたび小学生の夏休みに戻りたくなる

  • 虫取り、海水浴、駄菓子なんだかなつかしいなつやすみ。

  • 海で泳いだり魚釣ったり拾った10円でアイス買ったり朝顔育てたりカブトムシを捕って虫相撲させたり
    現実ではできなかった夏休みにやりたかった事をこのゲーム内ではできます。

    31日を共に過ごした人たちとの別れのエンディングはやっぱりいつ見ても泣く。

    お手頃価格のベスト版もあります。

  • 夏になるといつも引っ張り出してきます。みんな優しくて可愛い。

  • 相当前にクリア。
    太陽に手をかざすシーンとクラゲの夢を見るシーンが好き。
    2は島のあちこちを回るのが楽しかった。
    お坊さんのダンケシェーンがすごい好き。

    終盤に出てくるおじさんに話しかけるのが楽しみでせつなかった

  • たまにやりたくなる懐かしさ溢れるゲーム。海で泳ぐことが出来るのが良かった。

  • こんな少年時代を送りたい。海の探索も凄く楽しい。

  • キラキラとした哀しさとせつなさ

  • 夏になったらやりたくなります。
    無意味に大自然を走り回ってみたり、海で溺れてみるのが楽しくてしょうがない。大好きです。

全32件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇を本棚に登録しているひと

ツイートする