Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2010年 12/15号 [雑誌]

  • 阪急コミュニケーションズ
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910252531206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イランの石打の刑は石の数が決まっているから生き残る確率も50%以上あると主張する不思議なイラン人。そういう問題ではない。

  • オランダ人女性の働く幸せについての考え方

  • 「公電暴露で得たこと、失ったもの」リチャード・ハース
    「ウィキリークス 本当の爆弾」クリストファー・ディッキー アンドルー・バスト
    「公電という名の「文学」を読む」クリストファー・ビーム
    情報共有 情報伝達方法のさじ加減
    「「アメリカ号」が沈没するとき」エバン・トーマス
    人々は事実確認をするより、自分の信じたいことを事実と決めつける方が好きだ。

    自分なりの意見を持つには、ある程度ベースとなる事実を知っている必要がある。

    「誰でも自分なりの意見を持つ権利がある。だが自分なりの事実があってはならない。」
    ダニエル・パトリック・モイニハン

    タリバン PTSD

    「働く女性の幸せのカギはオランダ流にあり」ジェシカ・オリーン
    「消え行くイギリスのパブ文化」ピオトール・マウェツキ

  • ウィキリークスとタリバン兵の心の病の記事が特に目を惹いた。

    毎度読むたびに思うが、日本の新聞や雑誌とはレベルが違う、このニューズウィークだけでなく外国のニュース誌は。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする