Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2011年 10月号 [雑誌]

  • マガジンハウス
3.55
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910125411017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 職人の技術は素晴らしい。
    ところが、日本と欧州では、人々が抱く価値観に差があるような気がしてならない。

  • 特集「いま学ぶべき職人の美学。」
    「カーサの猫村さん」がかわいかったです。
    「あの人が選んだ手仕事のもの」が良かったです。

  • 少し内容としてはもの足り合い感じがある。
    今学ぶべき職人の美学、とうよりは、やは
    りこんな時代だからこそ改めて知っておい
    た方が良い職人の美学といった感じだった。

    ファッションという時間軸の中で過ごす職
    人という人種がどのようなものであるのか、
    その中で過ごすこことがどういう事である
    のか。これは過去を知る事でもあり、過去
    が今に行きている事でもあるのではないか
    と思わされる職人達の顔が見れた。

  • 技を磨き、己の美学に則り黙々と作業をする。そんな職人の誇りと手仕事の確かさを多くの写真とともに紹介しているのが、2011年11月号のCasa BRUTUSの特集。美しいです。

  • 相変わらず、猫村さんがかわゆい。
    あの柔らかさ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

総監修/渡部亜矢 実家片づけアドバイザー。著書に『カツオが磯野家を片づける日』『プロが教える実家の片づけ』『「5つの鉄則」でラクラク! 実家の片づけパーフェクトBOOK』
相続編監修/水本昌克 税理士、『カツオが磯野家を片づける日』監修。 
家族信託監修/島田雄左 司法書士、著書に『家族信託の教科書』。
ほか『老人の取扱説明書』が話題の平松類医師が対談に登場。


「2018年 『実家の片づけ 親が元気なうちにしておくこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする