古事記物語 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月1日発売
3.53
  • (3)
  • (13)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (129ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おしりにしっぽがついた人たち、鍵穴から出入りする神、ワニ、八咫烏など、おもしろキャラがどんどんと登場する一方で、権力者が美しい娘や権力の座をめぐり、殺し合い続ける現実的な世界。草薙や焼津がヤマトタケルの逸話に基づいた名だとは、知りませんでした。新羅に攻め込んだとの記述があるのも知っていたけれど、何度も貢物を受け取っていたなどというくだりも新発見。面白かった。

  • 物語調でとても読みやすい。初めて古事記の全体像がわかった。

  • 天皇からの勅令によって編纂されたらしいが、話は脈略無く進むし、中盤からは殺し合いを含んだ権力闘争の話が色濃い。これを日本の成り立ちを書き記したものとして、素直に受け取っていいものなのか。

    結局、日本民族がどのようになりたってきたのかは、今となっては、正確に知ることができないだけに、ロマンがある。

  • 面白い。結構乱暴な話もある。
    昔の人はこんな話を読み聞かせされながら育ったのだろうか?

  • Kindleの無料シリーズにあり、今度伊勢神宮に行くし、お復習のつもりで読了。
    国造り、天岩戸、八俣の大蛇、因幡の白兎、懐かしい…。
    一通り読んで思ったのは、古事記の中の神々の話のキーポイントは兄弟だということ。親や嫁もあるけど、物語の肝要なところは兄弟である。
    また、読んでいてしっくり来るところもあれば、『えっ、そんなんで殺しちゃうの?!』と言うような理解不能なシチュエーションもあり、大和民族は何によって今日の姿になったのか考えさせられた。これはこのあとに続く仏教文化の伝来が重要なターニングポイントになるのだろう。
    神宮の神事は1300年も続いている。異文化を取り込みつつも、originを見失わない日本人、強かだなあ。

  • 1.ギリシア神話みたいで、よかったです。
    2. 時代の最初の方から、書いてあるのがので分かりやすかったです。
    3.最後の所に、本の文字を修正したのが、書いてあってオススメです。
         ぜひ、読んでみて下さい。

  • これは抄訳なのかな?継体天皇のあたりを読みたかったが省略されていて残念。歴代天皇の戦術が基本的にだまし討ちなのに苦笑いしちゃう。

  • 古事記の概要が口語訳で分かりやすかった。前半は幼少の頃から慣れ親しんだ内容だったが、後半は意外に知らない物語もあった。

  • 最初の神々の誕生と神話に関しては面白くい読めた。しかし神武天皇以降の天皇家のお話は、天皇家の権力争いの話が多く、あまりに人間的過ぎて楽しくなかった。史実も多く含まれているようだが、どこまでが真実なのか分からない?

  • 星四つ

全13件中 1 - 10件を表示

古事記物語のその他の作品

古事記物語 単行本 古事記物語 鈴木三重吉
古事記物語 (上下巻)の詳細を見る 古事記物語 (上下巻) 鈴木三重吉
【大活字本】古事記物語 (響林社の大活字本シリーズ) オンデマンド (ペーパーバック) 【大活字本】古事記物語 (響林社の大活字本シリーズ) 鈴木三重吉

鈴木三重吉の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする