メイドインアビス(2) (バンブーコミックス) [Kindle]

  • 竹書房
4.30
  • (24)
  • (12)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 184
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (162ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 繝上?縺輔s繧定ヲ九※Fate/Zero縺ョ繝ゥ繧、繝?繝シ繧呈?昴>蜃コ縺励◆縲ら屮隕門渕蝨ー縺ォ縺?k荳榊虚蜊ソ繧ェ繝シ繧シ繝ウ縺ッ繝ェ繧ウ縺溘■繧定ゥヲ縺吶?ゅ◎縺励※縲√が繝シ繧シ繝ウ縺ィ繝ゥ繧、繧カ縺ョ驕主悉縺ョ隧ア縲

  • 度し難きオーゼン。ろくでなし描写さんざんやってからのライザとの過去の掛け合いで優勝

  • 裸吊りのイラストが……!

  • -

  • 2巻より、アビスでの冒険が本格的にスタート。
    ワクワク感はもちろん、避けては通れない過酷でエグい一面も出始めます。
    でも、冒険ってそういうものですもんね。綺麗なことばかりじゃない。

    未知なる場所への冒険にワクワクする一方、これからリコとレグに襲いかかってくるであろう様々な危機。幼いふたりがこれからどうやって切り抜けていくのか、ハラハラドキドキです。

    しかし、ライザとオーゼンの関係、いいなあ。

  • 読むのは2度目。
    アビスに入ったリコとレグ。
    アビスの生き物で調理して食べる「ダンジョン飯」的なエピソードもあっておもしろい。「見ため度し難い」とか。
    そして不動卿のオーゼンとの対決。主人公を痛めつける容赦ないストーリー。
    鐘のエピソードもいいなぁ。

  • 緩まない。収まりきらない。俄然に面白くなってきましたね。子供らしい特有な怖いもの知らず、向こう見ずだったリコとレゴの前に早くも立ち塞がる度し難い現実。
    明かされるリコの出生の秘密に、希望を易々と打ち砕くオゼーンの圧倒的な強さ。その裏に隠される思慮深い思いやりが隠されていようともオゼーンのそのキャラ立ちが余りにも強烈でその意義が霞み、薄気味悪いもの怖さが纏わりつく後味とリコの母親・ライザとの仲に複雑な心境になった。
    これは良いな。なんて良い冒険ものだ。久しぶりに思い出すな。この感じ。良い。

全9件中 1 - 9件を表示

メイドインアビス(2) (バンブーコミックス)のその他の作品

つくしあきひとの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする