鍵 [DVD]

監督 : 市川 崑 
出演 : 中村鴈治郎(二代目)  京 マチ子  叶 順子  仲代達矢 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年9月25日発売)
2.64
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111290632

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 市川崑監督、同•長谷部慶治•和田夏十脚本、谷崎潤一郎原作、1959年作。京マチ子 叶順子 仲代達矢 中村鴈治郎 北林谷栄出演。

    <コメント>
    •前半は雰囲気だけは淫靡な映画、終盤、一気に殺人サスペンスに変わる。
    •したがって、何を言いたいのかわからない映画。敏子や はな がなぜ人殺しをしようと決めたのか。殺すほどのことか。話が繋がらないのである。
    •裸のシーンをすべて隠しているのも不自然。
    •退屈すぎて、後半は次に見る映画のことを考えて見ていた。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    剣持(中村)は病院のインターンの木村(仲代)を娘の敏子(叶)の婿にしたい。しかし木村は敏子とも妻の郁子(京)とも関係をもっており、剣持はそれを知って性的興奮を感じていた。
    剣持を嫌っていた郁子は、剣持が倒れると木村を呼び抱き合う。敏子は郁子を殺そうと紅茶に農薬を入れたつもりが、それは女中のはな(北林)が磨き粉と中身を入れ替えていたたま失敗、はなはふしだらな3人を殺そうと、サラダに本当の農薬を入れて殺す。はなは警察に自供するが相手にされずに終わる。

  • 谷崎潤一郎の欲望を映像化させた、いやらしいけど見せないエロ。
    変態夫婦のメロドラマかと思いつつも、ラスト30分くらいから一気にサスペンスに変貌を遂げる。

    上品なように見えてえげつない、張りぼての家に住む張りぼての家族。
    皆の思惑はそれぞれ心の奥底の見えないところに鍵がかけられて、死ぬまで開けることはできない。
    もしも、あの世というものがないのなら、登場人物みんなのえげつない心の鍵は開けられることなく、皆幸せに終わるけど知ったら最後、再び人現に生まれ変わるのすら怖くなると思う。
    肉欲も、名誉欲も、金欲もだれかを騙したり貶めるために生まれたものなら悲劇が起こるのかもしれない。

    ちなみに確かに色っぽいのかもしれないが、郁子役である京マチ子がお風呂でも、寝てる時もはみ出したアイラインのはっきりメイクの不自然さにはラストまで慣れることが出来ず恐怖でしかなかったし、ハナ役の北林谷栄の得体の知れない老婆感が後半になるにつれて不気味さが高まって怖い市川崑ワールド。

    ダークファンタジーなのかブラックコメディなのか色んな要素が混じりあった仕上がりは上記のヴィジュアルイメージも含めてそれなりに楽しめた。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする