マンガでわかる! 5W1H思考 [Kindle]

著者 :
制作 : 秋内 常良 
  • すばる舎
3.71
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (166ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書の内容は元本を要約したものになってますが両方読んでみてわかることも多いと思います。
    もう一度元本を読み返します^_^

  • シンプルな5W1Hのフレームワークに落としてアイデアやプレゼンを考えるという内容の漫画。
    When,Where,Who,Why,What,Howで5W1H(時に、How Muchをいれた5W2H)と、中学生でもわかる基本的なことだけど、確かにこれを意識すると思考が広がる感じはすると思う。
    自分も5W1Hを意識して、論理的に物事を考えるようにしたいと思う。
    ところで漫画のほうは水族館が舞台ということもあって、ところどころに魚に関する小ネタやダジャレがあってちょっと面白かった。結局、あの魚好きのコンサルタントは何だったんだろうか。

  • 分かりやすく思考を組み立てるために、分かりやすく人に説明するときに、5W1Hを使う効果が書かれている。私は人から説明が分かりやすいと言われることが多く、同時に、周囲の人の説明が分かりにくいと感じるが、その裏付けができたように思う。自分の説明が分かりにくいと感じる人におすすめである。

  • どのように思考を整理するか、そして説明・説得に導くか、登場人物の1ケースを中心に考えていく本。

    ところどころの解説ページで、5W1Hを用いた枠を提供してくれるので、自分でも意識してやっていこうと思う。

  • 30分で読了。
    悩める社員に5W1Hの基本を伝授する漫画形式。所々に数ページの文章解説がはさまる。
    真価が発揮される5W1Hの使い方の基礎の基礎についてさらっと学べる。内容は本当にさらっとなものだが、簡単な実践例も見ることが出来て満足度は高め。もう少し内容が濃いと良かったなと思ったため、同じ著者の漫画なし5W1Hも読む予定。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

株式会社ランウィズ・パートナーズ代表取締役

「2019年 『仕事で必ず結果が出るハイパフォーマー思考』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡邉光太郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする