小説Dear+(74) 2019年 08 月号 [雑誌]: 小説Wings 増刊

  • 新書館
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910043520891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 菅野彰『ドリアン・グレイの激しすぎる憂鬱』。『色悪作家と校正者』シリーズスピンオフ。
    思いがけず良かった。あとがきにあったお兄ちゃんが取り返しに来る話も読んでみたい。
    安西リカ『可愛い猫には旅をさせよ』主人公が可愛い!容姿もだけど内面が可愛くて好き!愛を知っていろんなものをまとめてハッピーエンドに持ってくる展開も良かったです。ファンタジーはこれが初めてらしいけど、また読みたい!
    栗城偲『塚森専務の恋愛事情』。『社史編纂室で恋をする』のスピンオフ。前の話、忘れてたけどこの話だけでも十分読めます。後編も楽しみ。砂原糖子『僕が終わってからの話』。う、うーん。死んだ主人公が、乗り移ったクラスメートの体を使って、好きだった男の子と付き合い始めてHまでしてしまうって。そのクラスメートが好意から体の共有を許してくれているのに、それを裏切るだろう行為をするのはどうだろう?って思ってしまう。それに個人的に死にネタが苦手なので…。後編読んでもモヤモヤは晴れないかも。
    今回は前後編が2つもあってちょっとびっくり。前編を読んでいた場合はいいけど、後編だけだと買うの避けるかも。
    でも安西さんのお話は拾いものでした。文庫化楽しみ。

全1件中 1 - 1件を表示

小説Dear+(74) 2019年 08 月号 [雑誌]: 小説Wings 増刊を本棚に登録しているひと

ツイートする