希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)

3.68
  • (40)
  • (50)
  • (77)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 511
レビュー : 61
著者 :
ちゅちゅのりさん 社会   読み終わった 

格差社会の到来と言われて久しいが,これまでは格差の実態について,収入などの「量的格差」に議論が向きがちであった。
しかし本書では,格差の根本にある仕事能力による格差拡大を指摘し,単純労働から抜け出すことができない人の急増,いわゆる「質的格差」の存在を明らかにしている。そしてこの「質的格差」を自覚した人びとが,仕事や将来に対する「希望」を見いだせなくなっているのが現在の日本社会というのだ。
職業は,人びとにアイデンティティを与える。アイデンティティが見いだせない社会構造はやはり問題であるし,結果的に将来の重大な社会不安定要素に繋がる。これを警鐘した本書の意義は大きい。

ただ,教育に対する考え方に違和感を感じたこと,重複する説明が多く,無駄に読み疲れたので星3つ。

レビュー投稿日
2011年11月23日
読了日
2011年11月23日
本棚登録日
2011年11月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を...』のレビューをもっとみる

『希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする