世界を操る支配者の正体

著者 :
  • 講談社 (2014年10月17日発売)
4.03
  • (11)
  • (15)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 132
感想 : 16
3

2015年11月27日発売『世界を操るグローバリズムの洗脳を解く』を先に読んで2冊目の馬渕史観本でした。

ユダヤ金融勢力、グローバリズム、ロシアと共通した内容でしたが『世界を操るグローバリズムの洗脳を解く』のほうが
読みやすく面白いかったかな?

第1章 ウクライナ危機は世界最終戦争の序曲
第2章 プーチン抹殺のシナリオ
第3章 ロシアを支配する者が世界を支配する
第4章 国際金融勢力対ロシアの200年戦争
第5章 道徳と民族を破壊する4人の洗脳者
第6章 ディアスポラ化する人類
終 章 歴史認識大戦争に備えよ

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説以外★★★liked it
感想投稿日 : 2017年3月12日
読了日 : 2017年3月12日
本棚登録日 : 2017年3月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする