昭和元禄落語心中(1) (KCx)

4.24
  • (598)
  • (568)
  • (199)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 4236
レビュー : 405
著者 :
さむさん お仕事モノ   読み終わった 

読後は寄席に行きたくなります。

与太郎も八雲師匠も、まさしく落語に出てくるキャラクター。
特に与太郎(笑)
与太郎の与太郎さ加減がとっても滑稽で、でも愛せてしまいます。
八雲師匠の芸のきめ細やかさ。
それでもって、軽くて面白い。
二人とも、他の登場人物も、落語が大好きで仕方ない。

他の伝統的な芸と違い、落語は手軽であることが良さだと思います。
でもでも、手軽なのに奥が深く、人をどんどんと深みにはめていく。
この漫画はその深みにどっぷりはまった人のお話。

落語って、こんなに面白くてわくわくする世界なんだ、と思いました。
私は時そばくらいしか聞いたことがなくて、これからもっと聞きたいな、と思ってた矢先にこの漫画に出会いました。
さらにもっと聞きたくなりました!
とりあえず、今度の日曜日あたり、寄席に行けないかなー(笑)

落語が気になってる、人間味あふれるお話が読みたい、とりあえず面白いものが読みたい、そう思ってる人に読んでほしい漫画です。

レビュー投稿日
2013年4月8日
読了日
2013年4月7日
本棚登録日
2013年4月8日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昭和元禄落語心中(1) (KCx)』のレビューをもっとみる

『昭和元禄落語心中(1) (KCx)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『昭和元禄落語心中(1) (KCx)』にさむさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする