サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

4.33
  • (376)
  • (219)
  • (102)
  • (8)
  • (7)
本棚登録 : 3511
レビュー : 305
制作 : 柴田裕之 
ひげもんさん  未設定  いま読んでる 

貨幣、帝国、宗教すべて虚構。虚構こそがホモ・サピエンスを束ね、「社会性」という生存戦略を実装し、地球の頂点に君臨せしめている。

歴史には沢山の革命があるが、もっとも大きかったものの1つが、
認知革命。

近代以前は神により全て知られており、故に神に逆らう理由も術もなかった。
「無知の自認」が神々の武装を解除し、人間に「進歩」という新たな道を示した。

そこからは、資本と科学の無限ループにより、飛躍的速度で進歩し、いまや我々はホモ・ゼウスになりつつある。

しかし、歴史は常に絶妙なバランスで進んできており、今後どんな発想の転換で、天国・地獄どちらに進むかは誰にもわからない。

レビュー投稿日
2019年5月29日
本棚登録日
2019年5月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸...』のレビューをもっとみる

『サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

ユヴァル・ノア・ハラリの作品一覧

ユヴァル・ノア・ハラリの作品ランキング・新刊情報

ツイートする