蒼穹の昴(2) (講談社文庫)

4.06
  • (569)
  • (461)
  • (436)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 3431
レビュー : 224
著者 :
sinさん 小説   読み終わった 

前半は退屈だったが、後半は春雲が宦官になり、西太后に認められるほどのし上がっていき、文秀と張り合うような地位にまでつくようになり、物語がいっきに加速した。前半はその伏線が張り巡らされているとわかると、先を読みたくなる。

レビュー投稿日
2012年7月4日
読了日
2012年7月3日
本棚登録日
2012年7月4日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蒼穹の昴(2) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『蒼穹の昴(2) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『蒼穹の昴(2) (講談社文庫)』にsinさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする