きみを守るためにぼくは夢をみる(3) (星海社文庫)

3.44
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 100
レビュー : 5
著者 :
制作 : 新海 誠 
暁 晶さん ファンタジー   読み終わった 

 風景が、とかじゃなくて、表現が、文章がきれい。
登場人物たちが文学少年・文学少女過ぎるきもするけど...
喩えが特に色鮮やか。

***

 それぞれの立場や境遇故に成長や大人について考えてることはあった。
けど朔が大きくなるにつれて、読者である自分自身に近づくにつれて、自分の小ささに気づかされるようでちょっと怖かった。
恋とか、大切なものとか。この本を通じて自分が見えるような気がした。

 でも、だからと言って朔や塔太が大人、ってわけじゃなくて。
幼いうちにたくさん過ちをしなさい、とか聞いたことあるけど......

レビュー投稿日
2012年6月20日
読了日
2012年6月19日
本棚登録日
2012年5月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『きみを守るためにぼくは夢をみる(3) (...』のレビューをもっとみる

『きみを守るためにぼくは夢をみる(3) (星海社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする