新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか (NHK出版新書)

3.47
  • (6)
  • (37)
  • (30)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 305
レビュー : 29
著者 :
満田 弘樹さん 思想・哲学・知   読み終わった 

「ナショナリズム批判」を批判する立場をとる萱野氏のナショナリズム論。
アーネスト・ゲルナーのナショナリズム論を軸としながら、アンダーソン「創造の共同体」やネグリ、ハートの「マルチチュード」などを批判しつつ、それらが国民国家、ナショナリズムの亜流や変形でしかないことを指摘している。またグローバリゼーションが、国民国家を不要とするリベラル派の予想通りには進んでおらず、むしろナショナリズムの高揚につながることを指摘している。

レビュー投稿日
2015年3月22日
読了日
2015年3月22日
本棚登録日
2015年3月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なの...』のレビューをもっとみる

『新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか (NHK出版新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする