エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)

4.22
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
著者 :
制作 : 汐山このむ 
柏葉さん ライトノベル   読み終わった 

今巻も期待を裏切らずよかった。はじめは地の文の口語的表現に時々引っかかったが、エイルンが鬼教官となるあたりから盛り上がって気にならなくなってきた。
2巻はエイルン鬼教官となり機兵部の立て直しをする回&一ノ瀬復活の回。軍事SFを思わせる熱い指導の数々、絶対のピンチを諦めない熱血な叫びと行動、水を得た魚のような一ノ瀬と九重のコンビに終盤は盛り上がりっぱなしだった。セレン一人に問題があるのではなく、セレンを取り巻く環境に問題があることに気づき、内部から意識から変えていったエルインの手腕はお見事。エイルンのライバルらしき主人公が一ノ瀬の船を半見殺しにして去ったリユウも気になるし、謎が少しずつ解明されてきそうでよし。
漫画はあってもなくてもいいけど、公共の場で読みにくいのでなしの方がありがたいかも。
次巻も楽しみにしてる。早めによろ!

レビュー投稿日
2015年6月7日
読了日
2015年6月7日
本棚登録日
2015年6月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エイルン・ラストコード ~架空世界より戦...』のレビューをもっとみる

『エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)』に柏葉さんがつけたタグ

ツイートする