【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

3.74
  • (75)
  • (182)
  • (122)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1288
レビュー : 180
著者 :
たかゆうさん ノンフィクション   読み終わった 

「本能寺の変」の首謀者は家康だったとして、かなり注目されました。

序盤はワクワクしました! まずは、明智光秀が本能寺の変を前に詠んだ句を解読していきます。

「時は今あめが下しる五月かな」

解釈としては「土岐氏である自分が天下を治めるべき季節の5月になった」と信長への謀反の意が込められたとされているんですね。

だが、著者は『惟任退治記』によるまやかしだとします。『惟任退治記』は本能寺の変の4ヶ月後、羽柴秀吉が大村由己に書かせた、本能寺の変の事件報告書。

この句はただの季節を詠んだだけだと複数の資料から明らかにしていきます。

ちょっと後半はご都合主義が強い気がしたのですが、実際の歴史資料からたどっていく作業は、エキサイティングです。

レビュー投稿日
2018年1月12日
読了日
2016年1月31日
本棚登録日
2018年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 ...』のレビューをもっとみる

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

明智憲三郎の作品一覧

明智憲三郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする