敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版>

4.10
  • (43)
  • (49)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 339
レビュー : 38
制作 : 鹿毛 雄二 
ルーさん 経済   読み終わった 

「敗者のゲーム」とは、テニスにたとえていえばエースではなくミスで勝敗が決まるゲームのこと。素人のテニスは「敗者のゲーム」である。そして、市場も「敗者のゲーム」なのだと説く。ほとんどのファンドマネージャーは、インデックス・ファンド(市場)に勝てない。個人が金融資産を作る上で最大の敵はインフレであり、インフレに勝つには、十分に分散したポートフォリオを組んで配当を再投資していくのが最適であるとする。現在、非常に当たり前になった考え方の減点であり、お経のようにありがたく聞く価値がある。

レビュー投稿日
2015年1月25日
読了日
2015年1月25日
本棚登録日
2015年1月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5...』のレビューをもっとみる

『敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版>』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする