官僚

3.60
  • (3)
  • (13)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 17
michy110さん 霞が関・永田町   読み終わった 

官僚 / 飯島 勲 / 2012.7.13(26/105)
 外交:先進国も途上国も関係なく、すべての国が超激動の状況。その中で国境を越えた問題、安全保障や経済関係等様々な問題があり、こうした情勢では、国家間のう交渉はバイでなくマルチ。
 勝ち負けを追究する外交ではなく、関係する互いの国に必要なことをどう着地させて、互恵関係をつくるかがカギ。
 民主:フリージャーナリストの会見参加を許可。結果質の悪い質問。現代のマスコミ:影響大、第四の権力。
 民主党:党是がないのが問題。この国をどうしていきたいのか?
 官僚は国有財産。非常に優秀。
 小泉総理:政策判断をオープンにするという透明性があった。これにより、各省庁の官僚や与野党の政治家にも総理の考え、総理の判断が常に理解できるようになる。総理の考えが浸透しているから、この案件はこう報告すればこういうふうに打ち返しがくるとか、この案件は通してくれないとか、予測がつく。
 7月:七夕人事。1月は玉突き、4月は退官した人の入れ替え。

レビュー投稿日
2014年3月29日
読了日
2012年7月13日
本棚登録日
2014年3月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『官僚』のレビューをもっとみる

ツイートする