書物合戦

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 1
著者 :
mitsukiさん 2018年   読み終わった 

『ガリヴァー旅行記』のジョナサン・スウィフトと夏目漱石から始まる書物論。
書物論と書いてあるけど、途中ジョージ・オーウェルとラジオについての話が長いので、メディア論とも言えるか?
二度の世界大戦と、特に東西の狭間にいたと言えるインドにおいて、どのような思惑が入り組み、書物があったか(また、その結果事態がどう動いたか)というような話。

途中からあんまり入って来なかったので、大体。
ただ、国単位で見る文学史ではなく、こういう世界史的な視野で見た文学史って面白いな、と思う。

あとはシュテファン・ツヴァイクとジェイムズ・ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』の流れが入っていて、ああまた読まないとな、という気にさせられた。

レビュー投稿日
2018年5月3日
読了日
2018年5月3日
本棚登録日
2018年5月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『書物合戦』のレビューをもっとみる

『書物合戦』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする