流跡

3.15
  • (23)
  • (40)
  • (58)
  • (27)
  • (17)
本棚登録 : 489
レビュー : 98
著者 :
nekonoteさん  未設定  読み終わった 

本日読了。

文字がほどけ、
糸水となり流れ出す、
感情だとか情景だとか欲望だとか観念だとか気候だとか音だとか、
言葉に表すことのできるあらゆるものたちの文字が。

誰でもない、
男ですら、
女ですら、
私ですらない透明な者が、
その流れに身をゆだね、
上から下に、
下から上に、
ただただ、
たゆたう。

その「流跡」をなぞり、
浮かび上がった(もしくは沈み込んだ)ものたちを、
再び言葉に戻し、
編み上げた物語。

それは、
紙片とインクでできた奥付のある本で始まり、
パソコンのモニター上で終わる(実際には終わらないが)。

文学の衰退、
ましてや死が、
ただの幻でしかないことを、
静静と謳う。

レビュー投稿日
2014年2月23日
読了日
2014年2月23日
本棚登録日
2014年2月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『流跡』のレビューをもっとみる

『流跡』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする