哀れなるものたち (ハヤカワepi ブック・プラネット)

  • 早川書房 (2008年1月26日発売)
3.65
  • (9)
  • (17)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 152
感想 : 17
5

小説家アラスター・グレイが入手した一冊の古書。そこには、19世紀末に実在した医師の"もう一つのフランケンシュタインの物語"ともいうべき驚愕の半生が記されていた……。

作中作である「スコットランドの一公衆衛生官の若き日を彩るいくつかの挿話」で描かれる冒険に引き込まれるうち、まんまと作者の術中に……w。「序文」や「註」をも含めた多層的な語り(=騙り)の構成が見事。めまぐるしく入れ替わる虚と実にクラクラさせられる。

独特の味わいのアラスター・グレイ自身による挿絵も素敵。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2011年9月17日
読了日 : 2011年9月17日
本棚登録日 : 2011年8月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする