また、同じ夢を見ていた

著者 :
  • 双葉社 (2016年2月17日発売)
3.90
  • (585)
  • (729)
  • (504)
  • (117)
  • (17)
本棚登録 : 7463
感想 : 706
5

あぁ、今の気持ちをどう表現していいのか、
不思議な愛おしさでいっぱい。

自分は友達より賢いと思い込む、
ちょっぴりナマイキな小学生、なっちゃんが主人公。

毎日一緒に散歩する、しっぽのちぎれた彼女。
夜のお仕事をしている、アバズレさん。
屋上で待っていてくれる高校生、南さん。
美味しいフィナンシェを作ってくれるおばあちゃん。
もしかしたら、私も会っていたのかも…。

大人になるということは、子供のころに見えていたものが見えなくなること。
そんなふうに思ってました。
でも、必ずしもそうではないんですよね。
これからの出逢いの中にも、私にとっての南さんやアバズレさんやおばあちゃん、
そしてしっぽのちぎれた彼女がいるのかもしれません。
そう考えたら、どんな出逢いもおろそかにはしたくない。
幸せな未来を、うっかり見落とさないように…。

「しーあわせはーあるいーてこない。だーからあるいーていくんだねー♪」
「ナーナー!」
しっぽのちぎれた彼女と一緒に散歩して、
幸せとは…、と思い巡らす心楽しい時間でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: さ行
感想投稿日 : 2016年7月29日
読了日 : -
本棚登録日 : 2016年7月29日

みんなの感想をみる

コメント 4件

あいさんのコメント
2016/08/08

こんにちは(^-^)/

この作者は「君の膵臓をたべたい」の人だよね。
読もうかどうしようかって迷って数ヶ月。
「また、同じ夢を見ていた」の方が読みやすいかな。
でもまた迷って数ヶ月かも(*≧艸≦)

杜のうさこさんのコメント
2016/08/08

けいちゃん、こんばんは~♪

毎日暑いね~。夏バテしてないかな?

私も同じく『君の膵臓をたべたい』迷いつづけてる。
最初、このタイトルにギョッとしたよね。
ホラーかと思っちゃった…。
泣けちゃう恋愛小説らしいね。

両方読んだわけじゃないからわからないけど、
読みやすいというか、この本の方が好みってレビューいくつかあったよ。

最近、恋愛小説を読んでないなぁ…。
たまには動悸じゃないドキドキも味わいたいものだわ、なんてね。うふふ。

ortieortieさんのコメント
2016/08/23

こんばんは。
レビューが素敵でお邪魔させて頂きました。
「不思議な愛おしさでいっぱい」
の一言にとても惹かれました。
そんな気持ちになる出逢いの本ってあるなって。ぜひ読んでみようと思います^ ^
最近はもっぱら図書館なので(本が増えてしまったので)しばらく先になるとは思いますが、、、。
素敵なレビューを見るとまだ見ぬ本の世界に思いを馳せて1人わくわくしてしまいます 笑
ありがとうございました。

杜のうさこさんのコメント
2016/08/24

ortieortieさん、こんばんは~♪

こちらこそ、ありがとうございます。
こんな拙い感想を「素敵」と言って下さって、
とてもうれしいです!

「不思議な愛おしさでいっぱい」
そうなんです。
なんか夢をみていたような気分でした。

実を言えば、私もこの本を読んだきっかけはブク友さんのレビューなんです。
こんな風につながっていけるって、素敵なことですよね。

本、増えますね。私も着々と増殖中です。(笑)
そびえ立つ積読山に「ごめん…」とあやまりながら、
書店やブックオフに出かけては、つい…。
そのうえ、次から次へと図書館本を予約してしまい、返却日に追われるという…。
でも好きなんだから仕方ないですよね~。(開き直り・笑)

読み終えたら、また感想をきかせてくださいね!
楽しみにしています♪

ツイートする