三たびの海峡 (新潮文庫)

3.96
  • (66)
  • (75)
  • (64)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 494
レビュー : 64
著者 :
橘さん 小説   読み終わった 

職場の先輩からお借りした作品。とても苦しく、重厚な作品でした。
人は自分がされたことはいつまでも覚えているけど、自分がしたことはあまり覚えていないのかもしれません。でもだからといって、それを軽く考えたり、文中にもありましたが、加害者側が「水に流す」としてしまうのは間違いだということがわかりました。
戦時中に日本が朝鮮人にしてきたこと、この作品の舞台は北九州なのに福岡住みのわたしは知ろうともせずに、「韓国はいつまでも日本を許さないな」と浅く考えていたのを反省しました。
読んで良かったです。戦争加害者としての日本からも目を逸らしてはならないと思いました。

レビュー投稿日
2018年2月13日
読了日
2018年2月13日
本棚登録日
2018年1月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三たびの海峡 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『三たびの海峡 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『三たびの海峡 (新潮文庫)』に橘さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする