「裸のサル」の幸福論 (新潮新書)

  • 新潮社 (2005年4月15日発売)
3.27
  • (3)
  • (9)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 18
3

[ 内容 ]
人間は霊長類の中で唯一、体毛のない「裸のサル」である―。
そう断じてかつて世界的センセーションを巻き起こしたモリス博士が、今度は「裸のサル」の幸福の本質に迫る。
競争、協力、達成感からダンスやSM、果ては麻薬まで、人間に幸福をもたらすあらゆる源泉を、動物行動学者の視点から網羅的に分析する。
ヒューマニズムとは一線を画した全く新しい幸福論。

[ 目次 ]
第1章 幸福は何から生じるのか(「満足」と「幸福」の違い;ヒトに求められた新たな心構え ほか)
第2章 幸福にはどんな種類のものがあるのか(標的の幸福;競争の幸福 ほか)
第3章 幸福の特徴とは何なのか(長続きしない感情;「適切な標的」「競争」「協力」 ほか)
第4章 幸福の定義集(古今東西の著述家たちが述べた幸福の定義の数々。)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 新潮新書
感想投稿日 : 2011年5月22日
読了日 : 2011年5月22日
本棚登録日 : 2011年5月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする