Harry Potter and the Philosopher's Stone

  • 775人登録
  • 3.76評価
    • (131)
    • (79)
    • (236)
    • (0)
    • (1)
  • 115レビュー
著者 : J. K. Rowling
制作 : Mary GrandPre 
  • Bloomsbury Pub Ltd (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780747549550

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
Louis Sa...
Roald Da...
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

Harry Potter and the Philosopher's Stoneの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 8歳から13歳向けらしいですけど・・・アラフォー、読みました(^^;)電車の中とかちょっと恥ずかしかったけど。久々に英語で本読んだけどさすがは子供向け。さらさらっと読めましたよ。

    実は、アメリカにいた時代に、ハリーポッター読んだことがあるんです。当時、出たばかりで、すごい人気。アメリカの子供の読書率がぐんと上がったとニュースが流れたほどでした。どんなもんかなーと読んでみたら・・・。

    難しい(-"-;)独特の単語。造語。・・・実は、気づかずに2巻を読んでいたのです。読み終えてから気づいた。(アホ)だって、2巻とか書いてないしさ。

    今回は、図書館で見かけたので1巻を読もうかって気になったんだけれど、英語はぜんぜん難しくないです。アタリマエのことながら、1巻だと、造語なんかもちゃんと説明あるしね。わからない単語なんかは読み飛ばしてますが、問題なし。英語の勉強もかねて本を読んでみようかと思う人にはお勧めかもしれません。

    そして、内容。子供向けのファンタジーなので、深みがあるわけじゃないけれど、大人でも面白いと思える内容でした。本を読んでいても、映画を見ている感じでどきどきわくわく最後まで読めてしまいます。基本的には、完全懲悪なので、読後感もすっきりです。全巻読んでしまうかも・・・。

  • 2017/04/21
    ハリーポッターは、7巻で一続きの作品だけど、一冊一冊で見れば、一巻のおもしろさは別格。後半になるにつれて、シリアスさが増して、まあそういうのがあるからこそ奥深さがあって最高の作品なんだけど、このsorcerer 's stone は一貫して笑顔で読めるのが魅力的。
    日本語で初めて読んだのは小学生の時だった。そのとき百味ビーンズのことをてっきり味が100種類あるお菓子だと思っていた。でも、英語でevery flavor of beans と書いてあるのを見て、百味というのは「多くの珍しい」という意味を表す言葉だということに初めて気づかされた。ハリーポッターに出会わなければ、原文で一冊の本を読破することもなかっただろうな。もちろん二巻目も原文で読みます!

  • やっぱり原語で読むと違う。色々なシーンで、あっ、こういう言い方なんだ!という発見がある。「名前を言ってはいけないあの人」の英訳を見たときの感動は忘れられない。

  • 10年ぶりくらいに読んでみたけど、昔と違って結構単語もわかるし内容もスラスラ入ってくる。

  • YL: 6.0-7.0
    76,944語

    総語数:7,537,193語
    総冊数:516冊 (2015.10.9/11歳2ヵ月)

  • ずっと前にかって積ん読状態だったけど、この夏映画を観たこともあって最初から物語を知りたくなり、読んだ。

    映画のスピード感が記憶にあるので、それに比べるとなんとなく乗らなかったなぁ。私の期待値のせいかもしれない。後半3分の1くらいから面白くなってきた。

    私はEarthseaシリーズとThe Lord of the Ringsの方に軍配をあげたい。

  • 2015/09/15 読了

  • 高2の頃、当時イギリスで勉強中だったため、帰国する頃にはスムーズに読めたので最後まで読みませんでした。

    今回随分歳を取り、英語も忘れて再勉強の一環で読みました。元々ハリーの生い立ちには興味がないのでホグワーツに行くまでの話はつまらなく感じてました。
    ホグワーツ入学後からはサクサク読めました。

    英語の程度としてはやはり英検2級ぐらいあればサクサク読めるかなという感じ。

    会話も多いのでカチカチの文法上正しいものばかりではありませんが、それが気楽に読めるものでもあり、逆にこういう言い方は文語的なのか、口語でも使って良いのか等の新しい発見があります。

    一冊単語も文法も完全にこれで勉強すれば、かなり勉強になると思います。
    日本の文法用の書籍や学校での勉強では、どのように文をつなげていくべきなのか、表現していくのかを勉強するのが難しいのです。
    ~しながら~を開ける
    とか、長い文章でなく短文で表現する仕方もこのハリー・ポッターには書いてあります。

    日本語のハリポタを読んでから、こちらを読むと、日本語と英語の訳の違いが出てくるのに気がつきますね。
    結構日本語版とは違った印象を持ちます。

  • 880L

全115件中 1 - 10件を表示

Harry Potter and the Philosopher's Stoneを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Harry Potter and the Philosopher's Stoneのペーパーバック

Harry Potter and the Philosopher's Stoneのハードカバー

Harry Potter and the Philosopher's StoneのCD

ツイートする