すみれ島 (新編・絵本平和のために)

  • 97人登録
  • 4.04評価
    • (10)
    • (8)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 今西祐行
制作 : 松永 禎郎 
  • 偕成社 (1991年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034380604

すみれ島 (新編・絵本平和のために)の感想・レビュー・書評

  • [墨田区図書館]

    戦時中、特攻隊に贈られたすみれの花束からこぼれた種から、南の無人島にすみれが咲いている、という話。

    だけれど、この本はその結末やその話自体が本当かどうか、というよりも、無邪気に飛行機に手を振っている戦時中の小学生が、がんばっている飛行機乗りにすみれの花束をプレゼントしよう、という他意のない優しさが、それを受けた特攻隊という特殊部隊の兵隊からの手紙を教室の先生が読み伝えるくだりが真髄だと思う。

    戦争反対とか、特攻隊の人がかわいそうとか、思う気持ちは人それぞれだとしても、日本人として前提知識と予想をもってこの本を読むことが出来て、先生の読み伝える下りで胸が痛くなれるように育ってほしいな。

  • 読み聞かせ推奨図書に入っていたので読んでみた。辛すぎて読めない。でも、語っていかないと、子どもたちは知らずに育ってしまう。大人として伝える責任を思う。

  • 【経緯】
    なんとなく手に取って

    【書き出し】
    九州の南のはしにちかい海辺に、小さな学校があった。昭和二十年、春のこと、いつからか、まいにちのように、日の丸をつけた飛行機ぐ、その学校の真上を飛ぶようになった。

    【感想】
    特攻隊の本だとは思いもしないで手に取ったのでショックが大きかった…
    夏になると戦争もののスペシャル番組をよく見かけて、「もういいよー」という声を聞くのもまた事実だけど、やっぱり忘れちゃあかんし、定期的にこういうの見て思い出さなあかんと思った

    【引用】
    「何時間かの後に確実に死ななければならないと分かったとき、人は何を考え、何を想うだろう。人は非日常に出会ってはじめて日常のすばらしさ、美しさを知る。特攻機に乗っていきはてた若者たちは、せめて最期に、平和の素晴らしさ、美しさを知って逝ったと私は思いたくて、この作品を書いた」

    【絵】
    24ページの赤い地面とスミレの対比が印象的

  • 請求記号 E/マツナ 資料番号 020261343

  • 6年生に読み聞かせ。
    ちょうど国語で「ヒロシマのうた」をやっていたのでそれに合わせて。

    特攻隊のおはなしです。忘れてはいけないことですね。

  •  九州の南のはしに近い海辺の学校。昭和20年、日の丸をつけた飛行機がその学校の真上を毎日のように飛ぶようになった。事情を知らない子どもたちは、飛行機に向かって手を振り、航空隊に手紙や絵を送る。そして、すみれの花たばを代表が遠くの航空隊まで届けに行くことに…。

  • 長女からすすめられて長男に読み聞かせ、途中で泣いてしまった。今年の夏休みに鹿児島の知覧のそばを通ったので、子供達に特攻隊の話をしていた。娘は覚えていた様子。片道だけの燃料はつらすぎる。すみれの花で浮かんだ故郷の様子のページが心に残った。

  • 戦中の特攻隊をあらわした本。3年生に読みました。フィクションとノンフィクションの間に悩みますが、この年代にはわかりやすいようです。

  • 小学校の上を通る特攻隊にひとに
    お手紙やすみれを送る話

    特攻隊・・

  • 今西祐行さんが、特攻花について書かれたのを知ることができてよかったです。
    泣かずに読めるか自信ないですけど、子どもたちにも知ってもらいたいと思います。

    4年教科書

  • 毎年夏には最低一冊、戦争や平和について描かれた絵本を読み聞かせしています。
    もしも子供に‘特攻隊って何?’とたずねられたら、説明するのに丁度良い絵本だと思いました。
    子供達の無邪気さと、特攻隊の厳しい現実の対比がとても胸にしみいるお話。
    戦争のお話ですが怖ろしい表現もおどろおどろしい絵もないので、特に低学年には安心して読める。
    言葉も絵も、全体的に美しく、でもその美しさゆえに、より静かな悲しみをさそいます。

    1年生の子供は、「悲しいね・・・」と読んだ後の感想です。

  • 昭和20年 春の事です。
    九州の南の端に近い海辺に
    小さな小学校がありました。

    その小学校の真上を
    日の丸の旗を付けた飛行機が
    飛び交うようになりました。

    こども達は
    飛行機が見えるたびに
    「ばんざぁ〜っい」って
    手を振るのです。

    この飛行機たちは
    片道の燃料だけしか持たないで
    爆弾とともに
    敵の軍艦に突入する
    特攻機である事を
    先生たちは知っていました。

    でも、こども達は
    飛行機が飛んで来てくれる事を
    喜んでいて
    航空隊へ手紙を書いたり
    絵を描いたりして
    届けていた。

    ある日、1人の女の子が
    野原のすみれを花束にしたら…
    提案をし、
    早速、すみれの花束を贈った。

    しばらくして
    航空隊から、返事の手紙が来た。
    先生は、涙を流しなから
    その手紙を読み
    飛行機の本当のわけを
    子どもたちに話した。

    子どもたちは
    野原のすみれが無くなるまで
    花束を航空隊へ贈った。

    いく機の特攻機が
    子どもたちのすみれを持って
    南の海にちっていった事か…。

    戦争が終わって
    しばらくした時。
    南の小さな無人島のヒトツに
    いつからか、
    島一面に
    すみれの花が
    咲くようになった…

全14件中 1 - 14件を表示

すみれ島 (新編・絵本平和のために)に関連する談話室の質問

すみれ島 (新編・絵本平和のために)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すみれ島 (新編・絵本平和のために)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする