Another(上) (角川文庫)

  • 3760人登録
  • 3.81評価
    • (295)
    • (590)
    • (423)
    • (50)
    • (9)
  • 364レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000014

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

Another(上) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • あらすじ見てメイがどういう子なのか、クラスで何が起きてるのかちょっと知ってたけど知らない振りで読んでいたが、上巻後半まで思わせぶりで言いそう言わない状況にだんだんイライラ。そしてやっと教えてくれた状況が理解できない…なぜそうなる?と推理小説のように思ったらホラーはあかんのやろね。小野不由美さんのゴーストハンドシリーズのように納得できる話はないものか…。私の中でメイちゃんのイメージが綾波レイちゃんなのは、表紙のイラストのせい?

  • どうせメイちゃんが幽霊で主人公の男子が彼女に翻弄される話なんでしょ?と思ったら、全然違う話だった。
    いい意味で裏切られた気分。

  • 冷静に考えると学校ぐるみで生徒を「いないもの」として扱うなんてありえない話だ。その秘密が何年にも渡って引き継がれていくことは考えづらい。それにもかかわらず、引き込まれてしまいのは、オイラの中に幽霊とか超常現象を信じたい気持ちがあるのかもしれない。

  • 上下巻を通しての感想。
    ホラー小説にもたくさんのパターンがある。
    大抵の場合、次々と誰かが犠牲になって死んでいく。
    死に一定の法則がある場合と、次の犠牲者の予測がつかない場合がある。
    この物語では、三年三組の生徒・教師・その関係者に犠牲者は限られている。
    「死の連鎖」を止めるためにこれまでにも様々な工夫が試されてきた。
    誰かを「いない者」として扱う。それが「現象」を始めさせない決まりごと。
    しかし、ルールは破られついに「現象」が始まったかに思われた。
    過去の犠牲者の例をみても、まずは「現象」を始めさせないことが最優先だろう。
    それにしては転校生である恒一へのアプローチが弱すぎる。
    事前に連絡を取る方法はいくらでもあったはずだ。
    説明してもわかってもらえない・・・だが、説明しなければ「現象」は必ず起きる。
    何を置いても優先すべきことだったはずなのだが。
    鳴は死の影を見ることができる。
    ならば、もっと早くに紛れ込んでいる「死者」を特定できたはずだ。
    もちろん、「死者」がわかったからといって「現象」を止める方法がわからなければ意味がない。
    周囲の協力を得て、ふたりは徐々に真相に近づいていく・・・。
    伏線はしっかりと序盤から張られていた。
    なのに、終盤になるまでまったく気づけなかったことが悔しい。
    ホラー小説でありながら、本格推理小説の香りが混じっている。
    読みやすさもあり、中高生にも受け入れられる内容なので綾辻作品を読むきっかけになればいいな・・・と思う。
    物語には直接関係ないけれど、気になった点を。
    たくさんの犠牲者を出しながら今年の「現象」は終わった。
    先輩が必死の思いで残してくれたヒントがあったから止めることができた「現象」。
    で、来年以降は?
    もうテープはないし、ヒントを残すなら早くしないと記憶もなくなってしまうのに。
    「現象」自体が止まるとも思えない結末で、来年以降がとても気になってしまった。

  • 独特の雰囲気があって神妙な気持ちになりながら読んだ。死に方がグロい。読み終わってから、推理できたかもしれないなぁと思ったけど、読んでる間は雰囲気に飲まれててたぶん無理

  • まあ、ミステリというかホラーです。綾辻作品なら、超常現象でも素晴らしいものになるかと思ったけど、やっぱり霊的なものが絡んでくると、どうしても受け付けない自分がいます。キャラ設定やら物語の展開が絶妙だから、面白く一気呵成に読んでしまったんだけど、彼の普通のミステリ作品と比べると、やっぱり自分的満足度は劣ります。とか言いながら、下巻の展開がすごく気になってるんですけどね。

  • アニメと映画を観た状態で読んだ。3年3組に起こる現象。

  • 怖いのに読みすすめてしまう。あれが伏線なのかー、とページを戻ってしまったり。
    ただ、主人公があんなに周りの忠告を無視したのは不思議な印象が残る。

  • 転校前に病院で出会った少女・見崎鳴はクラスで<いないもの>扱いされていた
    何が起こっているのか誰にも説明して貰えないままに<呪われた三年三組>の災厄は始まってしまっている

  • 夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深まるばかり。そんな中クラス委員長の桜木が凄惨な死を遂げた!
    この“世界”ではいったい何が起きているのか!? いまだかつてない恐怖と謎が読者を魅了する。名手・綾辻行人の新たな代表作となった長編本格ホラー。

  • 続きが気になる。読む手が止まらない本

  • 面白くてあっという間に読み終わってしまいました。
    下巻を早く読みたいです。

  • アニメでずいぶん前に見た記憶もありながら、上巻。
    微妙に結末ぼやけた記憶しかないから楽しみだ。
    にしても綾辻行人らしく、まあまあえぐめな人の死に方だね(´-`)描写はそんなにないけど。

    死者は、だれ?の結末に向けて、下巻へー

  • おそらく、最後まで読まないと
    ジャンルが分かりにくい系統の作品。
    上巻の時点ではミステリーホラー?

    主人公が転入した高校・クラスでの
    物騒な伝統。

    主人公の語りで話が進むわりには
    いきなり「あの時僕は確かめて気づいてたんだけど…」
    みたいなことを突然後になって言い出すから
    ミスリードが多そう。

    現時点で何を信じてよいのやら。

  • 学園ミステリー&ホラーなんですが、ちょっと期待してた感じより軽かったです。なるほどアニメ化されてるんですね。

  • 綾辻行人初読み。映画化もされるし、角川の夏のフェアにも選ばれている話題の作品なので。凄く長いのに、読みやすくてどんどんページが進む!「三年三組」の「呪い」とは?また、不思議な少女・鳴は一体何を知っているのか?続きが気になるので下巻へ。2012/445

  • 登場人物の違和感のある言葉。
    引っかかる言葉に注目したい。
    全部、伏線になっています。

  • 少しゆっくりすぎるかなと思う展開もありましたが、すごく引き込まれるお話でした。
    続きがどうなるのか、下巻が楽しみです。

  • 上々の滑り出し。
    (下)でどういう展開になるのか。

全364件中 1 - 25件を表示

Another(上) (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Another(上) (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Another(上) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Another(上) (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

Another(上) (角川文庫)の作品紹介

夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木が凄惨な死を遂げた!この"世界"ではいったい何が起きているのか!?いまだかつてない恐怖と謎が読者を魅了する。名手・綾辻行人の新たな代表作となった長編本格ホラー。

Another(上) (角川文庫)の文庫

Another(上) (角川文庫)のKindle版

ツイートする