コワイ女 (角川ホラー文庫)

  • 30人登録
  • 2.47評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (4)
    • (3)
  • 7レビュー
著者 : 行川渉
  • 角川書店 (2006年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042945079

コワイ女 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  つ、つ、つ、……つまんねえ……ッッ!!
     なにこの理不尽さ!
     布袋の女性のお話は、なんていうか、主人公かわいそうになあブラコンこわいなあと笑い話になりましたが。

  • どのような場面かを伝えるための簡潔な文章が基本なんだけど、簡潔なはずなのにところどころわかりづらい表現があって気になった。

    収録作だと布袋をかぶった女の話が一番良かった。
    どう考えても人外の怪物でありながらも人間的な感情があるのかとも思わせていて、そのさじ加減がより彼女?をこの世ならざる何かにしていた。

  • いまいち

  • 3話とも、話の経過は、ドキドキo(≧▽≦)o するけれど、最後があっけなくて・・・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ。物足りない感が・・・。

  • 3人の映画監督が「怖い女」をテーマに短編ホラーを作ったというもの。
    三者三様の色があって結構楽しめました。
    個人的には2作目の「鋼」が好きでした。……笑えて。何
    映像で見てみたいなーと思わせるものでした。
    とりあえずコレは映画を見なきゃ始まらないなーとか思っちゃいました。

    ちなみに清水監督(『呪怨』シリーズ)の話は、まぁよくあるものだなーとか思ってしまいました。

  • ノベライズってのはやっぱり今一つなんだな……。いや、3本の短編中2作は悪くない。「鋼―はがね」はアイデアは独創的だし、「うけつぐもの」も倍の長さくらいでさらに背景が加わったらさらに怖さに奥行きが出たようにも思う。「カタカタ」は設定や展開が不条理というより投げ出しっぱなしとしか感じられなかった。映像での怖さを主眼に置いた作品を小説化する上で、仕方ないことなのかも。

  • ……怖い? かどうかはちと微妙。たぶんこれって映像で見ると怖い気がするんですけど。なんか……想像すると笑えちゃうのは私だけなのでしょうか。想像の仕方がまずいのかな(苦笑)。
    その最たるものが「鋼-はがね-」。これはギャグかっ!? と最初思いました。ズダ袋被って走る女って……ねえ? だけど案外映像で見ると美しいかもしれないな、とも。

全7件中 1 - 7件を表示

行川渉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

コワイ女 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする