フリークス (角川文庫)

  • 1514人登録
  • 3.42評価
    • (63)
    • (157)
    • (247)
    • (51)
    • (7)
  • 172レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043855049

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綾辻 行人
宮部 みゆき
米澤 穂信
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

フリークス (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • あぁ怖い。
    なぜこんな夢に出てきそうな表紙の本を手にとってしまったのか。
    もう読み終わって返却したけれど、家にある間、何となく気味が悪くて仕方がなかった。

    どれも精神病院を舞台とした中編のミステリー仕立て。
    精神病棟の母の元を訪れる浪人生。
    自分は妻だったのか愛人だったのか…、大火傷を負い記憶を失った患者の日記。
    そして患者が書いたという電波な推理小説。
    畸形の描写だけでもちょっとエグイです。そしてオチにまたぞくっとする。

    夜中にレビューなんて書いてたら、また背中が寒くなってきました。
    綾辻さん、しばらくはおさらばです。

  • 収録作品3編。
    「409号室の患者」感想
    乗っていた自動車が転落事故を起こした。
    同乗していた夫は死に、妻である自分はどうやら生き残ったらしい。
    らしいとしか言いようがないのは、記憶がまったくないからだ。
    自分の名前さえ覚えていない私は、本当は誰なのだろう・・・。
    思うように動くことも出来ない。自分の顔を見ることも出来ない。
    九死に一生を得た私は、事故によって記憶を失い自分が誰なのかさえわからなくなっていた。
    しかし、徐々に断片的によみがえってきた記憶が、私を追い詰めていく。
    私は誰かを殺したことがある・・・。
    殺人をおかした私は誰で、殺されたのは誰なのか?
    やがて記憶の底に眠っていた殺人をはっきりと思い出した私は、担当医にそのことを告げる。
    覚えていたとおりの場所から白骨死体が発見されたのだが、殺害時期がどうしてもあわない。
    「夢魔の手」を読んだあとだったので、かなり注意深く読んだつもりだった。
    なのに、また見事に裏切られてしまった。
    示された結末の可能性が少しも思い浮かばなかった時点で、完全に負けている・・・。
    いや、別に綾辻さんと勝負しているつもりはないのだけれど。

  • 精神病棟の患者を通して見えるこの世の裏表。何がホントかよくわからなくなってくるような感じ。

  • 精神病院を舞台にしたホラーミステリー短編集。
    表題のフリークスは、何が現実で何が妄想なのか、なんだかはっきりしなくてちょっとモヤモヤ。
    精神を病んでる人物が主人公なので、3作品とも読後感はよくないが、それがいい。
    館シリーズはあまり好みではないので、次はanotherを読んでみよう。

  • 精神科病棟を舞台にした3つの中編
    香山リカ解説で読んでみたが…

  • この作品世界こそがフリークス(異形)なのではないか。人間の内面が作り出す歪んだ、ある種虚構の世界。自らが作り出した異形の世界で人間はさらに苦悩する。心の闇を描き出す、じわじわくるような恐怖。ラストも意味深さもこの歪んだ世界観を表現するにふさわしい終わり方だったと思う。

  • Anotherを読んで、綾辻作品が気になり、表紙買い。
    短編集なんで、あっさりと読み終わりました。
    綾辻さんの作品は気をつけないと引っ張られる感がありますね…この作品も然り。
    実際には90年代に書かれた作品にもかかわらず、それを感じさせないのは、精神病棟という設定だからかな。
    館シリーズも大好きだけど、こっち系のも大好きです。

  • たしかにこの物語に出てくる人物たちは狂っている
    だが、もしかして狂っているのは自分なのではないのか

  • 「夢魔の手 ―三一三号室の患者―」と「四〇九号室の患者」は面白かった。最後でひっくり返された。表題作「フリークス ―五六四号室の患者―」はグロテスクな感じが楽しめたけど…。

    表題作中の次の文が印象に残った。
    「“正常”という概念のいかがわしさについて、僕たちは常に、もっともっと自覚的であらねばならない。そう思わないかい?云うまでもない話だが、この世界に厳密な意味でのノーマルなど存在しやしない。多かれ少なかれ、僕たちはみんな畸型なのさ。」

  • 三つの病室に収容されている患者たち。
    手記
    悪夢
    畸形
    精神病
    共通のモチーフをいくつも持って並んだ三作は綾辻行人の怪奇趣味の表出か。
    閉じ込められた空間で自分の形に懐疑を抱く人々の禁断の鏡のような。

  • 血生臭くて薄気味悪くて後味悪くてハッピーエンド皆無な短編集。
    にも関わらず「フリークス」達からグロテスクな感じがしないのが不思議。むしろ彼ら彼女らに対しては悲しさや哀れさややるせなさを感じる。
    後書きにもあるように綾辻行人さん自身が畸形的なものに対して嫌悪感を持ってないからだろうか。

  • 一気読みでした。

    精神病院が関わる話。
    母のお見舞いに来た話、夫を亡くした記憶障害の妻の話、仲良くなった精神科医から手渡された患者の小説の犯人について考える小説家の話。

    けれど、その結末には後味の悪い展開が待っていた。

    日記形式で非常に読み進め易く、先も気になってしまい、あっという間に読了しました。

    後味の悪さは流石綾辻さんと言えるのではないでしょうか。最後の話だけ、疑問が少し残る感じで終わったので、ネットで考察を読みたいと思います。

    遠田さんの絵もとても好きです。

  • 狂気の科学者が5人の子どもに人体改造をほどこします。ある日、その科学者が殺されるのですが、犯人となり得るのは子どもたちのうちの誰かしかいません。科学者から“怪物”と呼ばれ、虐待を受けつづけてきた彼らには動機は十分。しかし、奇形の彼らがどうすれば惨殺をおこなえたのか。かなりグロな描写でゲンナリはしましたが、困ったことにおもしろい。ミステリーとしても随所に仕掛けがちりばめられていて楽しめます。

  • freaks。
    物語が不思議な雰囲気で始まって、後味の悪い終わり方をする。3つ目の作品が結局意味が分からなかったのでもう一度読みたい。

  • ある人に勧められて購入。
    それぞれの話が繋がっているのかと思っていたがそんなことはなかった。
    どの話もどこか歪んでいて、その不安定感が心地よく、世界に浸ってしまいました。

  • 表紙、めっちゃ好き♡ これだけで「買い」の1冊w
    3編とも綾辻さんらしい作品。中でも表題の「フリークス」が一番交錯しているw そして、そこが好きww
    解説は、道尾さん♪
    やっぱりいいなぁ、綾辻さんw

  • 精神科病棟を舞台にした短編集です。
    オチが似ているのでラスト1編、「フリークス」は読んでいる途中でもだいたい想像できましたが、それでも引き込まれました。
    小説の中にさらに小説が入っている作品は館シリーズにもありましたが、これまであまり読んだことがない作風?なので新鮮でした。

  • 何が真なのか偽なのか…。読んでるだけだとわからなくなる。最後の一文でひっくり返ったり…と。

  • 精神科病棟の3つの病室を舞台にした、3編のミステリー集。
    “J・Mを殺したのは誰か?”
    入院患者が書いたその原稿は、解決編のない推理小説そのものだった。
    小説家の私と、私の友人である探偵の「彼」はこの難問に挑む。
    覚悟して読んでいてもやっぱり騙され、驚かされる。
    そこにある文章が真実であるという前提で、与えられる情報を飲み込んで物語を想像し頭の中で展開させているから、新しい“真実”が投げられた瞬間、その一瞬で今までの全てが塗り替えられてしまう。またやられた。
    内容が重苦しいので、少し疲れました。

  • 精神病院を舞台にした仄暗い短編集

  • 所謂叙述トリックと言ったらいいものか、読書家であればあるほど筆者の意図する通りに嵌められてしまって行くような作品

  • お名前は知っていたけれど、初めてこの方の作品を。
    精神病に絡む3作品。どの作品も読みながら謎解きしたりどういうことだと思ったり、さらっと楽しめた。

    とはいえ、私はこういうのが合わないんだろうなあと。
    面白いし先が気になるのだけれど読後に特に心に残ることがなかった(多分好みの問題)
    こういう雰囲気は好きなんだけど何かが合わなかった感じ。ただ面白かった。

  • 精神科病棟を舞台にしたホラーちっくなミステリー小説。

    3篇の短篇から成っていますが、
    表題作「フリークス」ではこれまでの物語の基盤すら揺るがす結末が待っています。

    こういう暗くて怖い話こそ、綾辻さんの本領ですね。
    道尾さんの解説も入っています。

  • 異形についての物語。精神病院を舞台にしている点も箱庭の中みたいな感じで良かった。箱庭の中でなされている人形劇みたいな世界観。結構、耽美でもあるかも。遠田志帆さんの絵も好きなので◎

全172件中 1 - 25件を表示

フリークス (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フリークス (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

フリークス (角川文庫)の作品紹介

「J・Mを殺したのは誰か?」-巨大な才能と劣等感を抱えたマッドサイエンティストは、五人の子供に人体改造術を施し、"怪物"と呼んで責め苛む。ある日、惨殺死体となって発見されたJ・Mは、いったいどの子供に殺されたのか?小説家の「私」と探偵の「彼」が謎に挑めば、そこに異界への扉が開く!本格ミステリとホラー、そして異形への真摯な愛が生みだした、歪み真珠のような三つの物語。

フリークス (角川文庫)の文庫

フリークス (角川文庫)のKindle版

フリークス (角川文庫)の新書

ツイートする