フリークス (角川文庫)

  • 1505人登録
  • 3.42評価
    • (63)
    • (156)
    • (244)
    • (51)
    • (7)
  • 172レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043855049

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
宮部 みゆき
綾辻 行人
有効な右矢印 無効な右矢印

フリークス (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 血生臭くて薄気味悪くて後味悪くてハッピーエンド皆無な短編集。
    にも関わらず「フリークス」達からグロテスクな感じがしないのが不思議。むしろ彼ら彼女らに対しては悲しさや哀れさややるせなさを感じる。
    後書きにもあるように綾辻行人さん自身が畸形的なものに対して嫌悪感を持ってないからだろうか。

  • 狂気の科学者が5人の子どもに人体改造をほどこします。ある日、その科学者が殺されるのですが、犯人となり得るのは子どもたちのうちの誰かしかいません。科学者から“怪物”と呼ばれ、虐待を受けつづけてきた彼らには動機は十分。しかし、奇形の彼らがどうすれば惨殺をおこなえたのか。かなりグロな描写でゲンナリはしましたが、困ったことにおもしろい。ミステリーとしても随所に仕掛けがちりばめられていて楽しめます。

  • 収録作品3編。
    「409号室の患者」感想
    乗っていた自動車が転落事故を起こした。
    同乗していた夫は死に、妻である自分はどうやら生き残ったらしい。
    らしいとしか言いようがないのは、記憶がまったくないからだ。
    自分の名前さえ覚えていない私は、本当は誰なのだろう・・・。
    思うように動くことも出来ない。自分の顔を見ることも出来ない。
    九死に一生を得た私は、事故によって記憶を失い自分が誰なのかさえわからなくなっていた。
    しかし、徐々に断片的によみがえってきた記憶が、私を追い詰めていく。
    私は誰かを殺したことがある・・・。
    殺人をおかした私は誰で、殺されたのは誰なのか?
    やがて記憶の底に眠っていた殺人をはっきりと思い出した私は、担当医にそのことを告げる。
    覚えていたとおりの場所から白骨死体が発見されたのだが、殺害時期がどうしてもあわない。
    「夢魔の手」を読んだあとだったので、かなり注意深く読んだつもりだった。
    なのに、また見事に裏切られてしまった。
    示された結末の可能性が少しも思い浮かばなかった時点で、完全に負けている・・・。
    いや、別に綾辻さんと勝負しているつもりはないのだけれど。

  • freaks。
    物語が不思議な雰囲気で始まって、後味の悪い終わり方をする。3つ目の作品が結局意味が分からなかったのでもう一度読みたい。

  • 精神病棟の患者を通して見えるこの世の裏表。何がホントかよくわからなくなってくるような感じ。

  • ある人に勧められて購入。
    それぞれの話が繋がっているのかと思っていたがそんなことはなかった。
    どの話もどこか歪んでいて、その不安定感が心地よく、世界に浸ってしまいました。

  • 表紙、めっちゃ好き♡ これだけで「買い」の1冊w
    3編とも綾辻さんらしい作品。中でも表題の「フリークス」が一番交錯しているw そして、そこが好きww
    解説は、道尾さん♪
    やっぱりいいなぁ、綾辻さんw

  • 精神病院を舞台にしたホラーミステリー短編集。
    表題のフリークスは、何が現実で何が妄想なのか、なんだかはっきりしなくてちょっとモヤモヤ。
    精神を病んでる人物が主人公なので、3作品とも読後感はよくないが、それがいい。
    館シリーズはあまり好みではないので、次はanotherを読んでみよう。

  • 精神科病棟を舞台にした短編集です。
    オチが似ているのでラスト1編、「フリークス」は読んでいる途中でもだいたい想像できましたが、それでも引き込まれました。
    小説の中にさらに小説が入っている作品は館シリーズにもありましたが、これまであまり読んだことがない作風?なので新鮮でした。

  • 何が真なのか偽なのか…。読んでるだけだとわからなくなる。最後の一文でひっくり返ったり…と。

  • 精神科病棟の3つの病室を舞台にした、3編のミステリー集。
    “J・Mを殺したのは誰か?”
    入院患者が書いたその原稿は、解決編のない推理小説そのものだった。
    小説家の私と、私の友人である探偵の「彼」はこの難問に挑む。
    覚悟して読んでいてもやっぱり騙され、驚かされる。
    そこにある文章が真実であるという前提で、与えられる情報を飲み込んで物語を想像し頭の中で展開させているから、新しい“真実”が投げられた瞬間、その一瞬で今までの全てが塗り替えられてしまう。またやられた。
    内容が重苦しいので、少し疲れました。

  • 設定は好きだけど何となくオチが読めてしまう。

  • 所謂叙述トリックと言ったらいいものか、読書家であればあるほど筆者の意図する通りに嵌められてしまって行くような作品

  • お名前は知っていたけれど、初めてこの方の作品を。
    精神病に絡む3作品。どの作品も読みながら謎解きしたりどういうことだと思ったり、さらっと楽しめた。

    とはいえ、私はこういうのが合わないんだろうなあと。
    面白いし先が気になるのだけれど読後に特に心に残ることがなかった(多分好みの問題)
    こういう雰囲気は好きなんだけど何かが合わなかった感じ。ただ面白かった。

  • 精神科病棟を舞台にしたホラーちっくなミステリー小説。

    3篇の短篇から成っていますが、
    表題作「フリークス」ではこれまでの物語の基盤すら揺るがす結末が待っています。

    こういう暗くて怖い話こそ、綾辻さんの本領ですね。
    道尾さんの解説も入っています。

  • 異形についての物語。精神病院を舞台にしている点も箱庭の中みたいな感じで良かった。箱庭の中でなされている人形劇みたいな世界観。結構、耽美でもあるかも。遠田志帆さんの絵も好きなので◎

  • 2015年8月25日読了。
    2015年113冊目。

  • 怪奇現象など、外部からの恐怖ではなく、自分の中にもあるかもしれない狂気が、最も恐ろしい。

    深泥丘奇譚と系列するが、もっと、踏み外したら転げ落ちる感が、身近な、ソワッとした恐怖感がたまらない。

    表紙絵の遠田さんのイラストもいい。

  •  今作「フリークス」には、この作品を含む三つの短編が収録されている。そのどれもがホラーチックなミステリー仕立てとなっており、※蒸し暑いこの時期に読むにはピッタリなのではなかろうか。しかし、ホラーと言っても幽霊などそちら方面の怖さを描いているわけではなく、病院を舞台とした、精神病患者視点(途中第三者視点も登場するが)で物語は語られていくため、描かれているのは、何が本当で何が嘘なのか、というような頭が混乱してそれに伴い不安感を覚えるような怖さである。
     読了してみて、個人的には二作品目の「四〇九号室の患者」が好きな話だと感じた。ネタバレ防止のためかなり大雑把にあらすじを明記するなら、不慮の事故で夫や自分の記憶、さらに脚までも失い、顔には重度の火傷負ってしまった女性が、入院している病院で自分は何物であるのかを少しずつ紐解いていく…という話である。ただ、他の作品においてもそうだが、最後には綾辻氏特有の大どんでん返しが待っているため、これからこの作品群を読む方々には、このあらすじすら疑ってかかってほしいということは言わずもがなである。
     最終的に、人間こそが畸型種(フリークス)なのではないか、というような少し哲学的な要素も加わってくるが、ミステリー作品として十分楽しめるものに仕上がっているのではないだろうか。

    ※2015年(平成27年)8月18日投稿

  • 三篇の短編集、あるいは三連作。表題作『フリークス 五六四号室の患者』の気持ち悪い世界が何とも言えず好きです。
    総合して言うと可もなく不可もなく、かなあ

  • うーん、いつもの綾辻さんって感じですかねぇ。
    夏らしいものを選んで読んでるんですが(笑)

    あー、館シリーズの新作が読みたい!!

  • 初綾辻さんでした。
    読むまでは、綾辻さんの作品って難解なミステリーという印象だったのですがこの作品はとても読みやすかったです。

    精神病棟が舞台で、そこの患者が主人公の短篇集。
    という設定もあって、頭がぐるぐるするというかすこし異常な世界に足を踏み入れてしまった感覚で、読んでいる途中も読了後も不安定な感じがしました。どっぷりつかれるほどの世界観を作れる作家さんなのかな、と思ったり。
    個人的には、最後のフリークスが好みでした。作家と564号室の患者、M・Jを殺した犯人、探偵…曖昧に全てがないまぜになる感じ、とても好きです。一回読んだだけでは理解できなかったので、ゆっくり読み返して考えてみようと思います。

  • 精神病患者がテーマの三作品。少し、ワンパターンな感じを受けてしまった。この手のものは、続けて読むといまいちなのかもしれない。

  • これが綾辻行人の作品かぁ……良い!

    ・総評
    何気に綾辻先生の初読作品になります。アニメの影響でanotherは持っているのですが、まだ積読状態です。
    綾辻先生の作品は、最後のどんでん返しがすごいとよく評判で聞きますが、こういうことか、と今作で自分も納得した次第です。今後も先生の作品は、優先的に手に取るようにしたいと思います。


    ・内容について
    (重要な所は伏せ字にしますが少しネタバレ有)

    サスペンス短編3作です。共通点は精神病院を舞台にしている事でしょうか。あまり意識的に読んだ事はないのですが、サイコサスペンスというものだと思います。
    表題作のフリークスよりも、個人的に好きだったのは「四〇九号室の患者」です。
    と言いますのも、最後のオチを読んだ時、予測は出来なかったものの、「なんとなくな予感」を感じたのが、印象的だったからです。
    つまり「語り部が○○」ということです。しかもこれを私は、登場人物の紹介の前に感じたのです。
    もしも、これを綾辻先生が意図的にやったとするのでしたら、本当に凄い事と感じます。

全172件中 1 - 25件を表示

フリークス (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フリークス (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

フリークス (角川文庫)の作品紹介

「J・Mを殺したのは誰か?」-巨大な才能と劣等感を抱えたマッドサイエンティストは、五人の子供に人体改造術を施し、"怪物"と呼んで責め苛む。ある日、惨殺死体となって発見されたJ・Mは、いったいどの子供に殺されたのか?小説家の「私」と探偵の「彼」が謎に挑めば、そこに異界への扉が開く!本格ミステリとホラー、そして異形への真摯な愛が生みだした、歪み真珠のような三つの物語。

フリークス (角川文庫)の文庫

フリークス (角川文庫)のKindle版

フリークス (角川文庫)の新書

ツイートする