テイルズ オブ エクシリア〈3〉 (電撃文庫)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 安彦薫
制作 : ufotable  佐藤 夕子  バンダイナムコゲームス 
  • アスキーメディアワークス (2012年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (531ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048863520

テイルズ オブ エクシリア〈3〉 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • TOXのノベライズ完結編。
    最後まで思った以上に丁寧に書かれていてとても楽しめた。この厚さも納得・・・むしろ、この量だけで完結できるのか心配だったけどそこは杞憂だったようだ。

    とりわけジュードとアルヴィンとの戦いあたりは展開に唐突感のあったゲームと比べてしっかり描かれていてなるほど納得。

    本当に番外編出てくれたら嬉しいなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

安彦薫の作品

テイルズ オブ エクシリア〈3〉 (電撃文庫)の作品紹介

"クルスニクの槍"によって天空に穿たれた穴。そこから突如として現れた飛行船団の圧倒的な力になすすべもなく、ミラ、ジュードとその仲間たちは離れ離れになってしまう。それぞれ別の場所で目を覚ました二人。ジュードはミラの姉を名乗る謎の人物・ミュゼと邂逅し、ミラは自分の中に生まれた僅かな戸惑いの理由に悩む-。『テイルズオブ』シリーズ×電撃文庫で贈るノベライズ版『TOX』、シリーズ最終章。ミラとジュードの冒険はついにクライマックスへ突入。二人の『揺るぎなき信念』が紡ぎだす未来とは-。

テイルズ オブ エクシリア〈3〉 (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする