若おかみは小学生!~花の湯温泉ストーリー~(9) (講談社青い鳥文庫)

  • 171人登録
  • 3.77評価
    • (15)
    • (16)
    • (24)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 令丈ヒロ子
制作 : 亜沙美 
  • 講談社 (2007年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061487567

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

若おかみは小学生!~花の湯温泉ストーリー~(9) (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「デリバリー温泉旅館」の依頼で出かけたおっことウリケンたち。ケンカばかりの二人が仲直りするチャンス!!と美陽たちは、期待する。着いたのは、あれはてた古い洋館。依頼人の老人の行動はなんか変。初めは、くすくすゲラゲラ、途中ではらはらドキドキ、ラストは感動です。

  • はじめの血液型騒ぎはどうなった!と、思わなくもないくらい終盤では、血液型占いの存在が消えてたことが、なんだか…濃い一日だった感がします。説明しにくいな!読み終わって、思い返せば本編時間だと二日しかたってなかったという。

  • 令丈ヒロ子さんは、本当にうまい。
    物語の運びも場面の描き方もキャラクター描写も。で、独特のリズムが最高。売れてるのも納得。
    親せきの子は鈴鬼とかユーレイのヒナちゃん、ピンフリが好きだって。
    やっぱり人外が子どもには人気だね。あと分かりやすいキャラが。

    出張温泉サービスというお話自体はたいしたことないのですが(おじいさんと孫の交流とか)、ビックリしたのは小学生なのにカレシがいること!
    あわやキスシーンか!?という場面もあったり。
    これじゃあラノベの”セクハラ”シーンと変わらないじゃない……。
    こういうのが時代なのかなあ。。。

  • 「……そうか。また会えることもあるかもしれないな。うん。きっといつかどこかで再会しよう。じゃあ、そのときまで、さよならだ。」
     キヨシの影が大きくうなずいたかと思うと、すいっと真上に飛んだ。
     紫野原老人はカーテンをぐいっと引きあけた。
     大きくて鏡のように輝く満月が、夜空にうかんでいた。
     その月に向かって、とんぼみたいにすーいっと、気持ちよさそうに風をきって飛んでいく、半ズボンの少年の後ろ姿が、一瞬だけど、おっこには見えた。

  • おっことウリケンが、デリバリー温泉に行くよ!

全6件中 1 - 6件を表示

令丈ヒロ子の作品一覧

令丈ヒロ子の作品ランキング・新刊情報

若おかみは小学生!~花の湯温泉ストーリー~(9) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

若おかみは小学生!~花の湯温泉ストーリー~(9) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

若おかみは小学生!~花の湯温泉ストーリー~(9) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

若おかみは小学生!~花の湯温泉ストーリー~(9) (講談社青い鳥文庫)のKindle版

ツイートする