愚管抄を読む (講談社学術文庫)

  • 40人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 大隅和雄
  • 講談社 (1999年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061593817

愚管抄を読む (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 展示期間終了後の配架場所は、1階 学士力支援図書コーナー 請求記号:210.3//O69

  • 非常に難解な、歴史思想書である愚管抄を丁寧に読み解いてくれる。
    方丈記などの比較もわかりやすい。
    実は、後ろのページの解説から読んだほうがわかりやすいかもしれない。

  • 世の中や歴史の流れをつぶさに観察していくことで、世界の道理を明らかにしようとした。

    眼前の出来事を仮の世界として廃さず、真理の表れだと捉える姿勢は天台宗の流れをくんでいるとも思える。

    多様な道理が交錯する中で、次第に大きな強い長い道理を求めていくと、すべてのものが絶対的ではなく流動的で相対性を免れないことに気がつく。そんな中、天皇の系譜だけは神代の時代から変わらず皇室という同じ血(皇胤)から出ているという不変の道理を見つける。

    さらに神代の時代に天照大神から天児屋根命に子孫(天皇家)の補佐を頼まれたことが、自身の出自である藤原北家の摂関体制を不変のものとする根拠にもなる。

    客観的な叙述に見えるがその背後には慈円の主観がはっきりと浮かび上がる。同時代の歴史書と比較すると面白い。

  • 『読書の軌跡』阿部謹也より

全4件中 1 - 4件を表示

愚管抄を読む (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愚管抄を読む (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする