コッペリア

  • 348人登録
  • 3.55評価
    • (33)
    • (67)
    • (126)
    • (3)
    • (2)
  • 83レビュー
著者 : 加納朋子
  • 講談社 (2003年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062119207

コッペリアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数年前、途中まで読んで挫折したんだと思う。
    キーワードはきっかりと記憶に残っていて・・・。
    次はこう、こうと読まなくても分かる。

    第3章からは全然記憶になかったので
    面白くってドキドキしながら読み終えました。

    時間軸のせいで頭の中が混乱状態で。。。ボーとする。
    やっぱり自分はミステリーとか推理ものは苦手なんだなぁ・・・と
    改めて感じた。

    これはもう一度、読み直しても騙されそうな気がする(^^ゞ

    ところどころ心にギュッとくるシーンがあって
    切なかったけど、ラストがよかったのでホッとした。
    ほろっとしちゃいました。

    またあとで再読したいな♪

    からくりサーカス思い出して、読みたくなったりする。

  • ミステリーなんだろうけど、プロットが上手くない。わざと時系列をごまかしてミステリーに仕上げた感じ。登場人物にも魅力的な人がなく作者の不気味な雰囲気を出したいという狙いがプンプン臭い作品

  • 【8/14】近図。(聖,了,まゆら,創也,草太)(人形)(芝居、劇団)。一般

  • 見事に引っかかりました・・・。なんか違和感あるなーとは思ったんだけど。読み終えてからもう一度簡単に読み返して補完。あーこんがらがった。お人形さんのお話。球体関節とかいう語句が出てくるとまだ「イノセンス」を連想してしまいます。ラストは陳腐だけどこーゆーの好きだな。面白かった。

  • 人形を演じる女優、人形に恋をした少年、人形師・・・人形に何かしら思い入れがあるそれぞれ別の人間が、ある一つの人形に吸い寄せられるようにして、つながっていく―。

    全体に妖しく漂う雰囲気が物語によく合っている。ミステリーと言うだけあって、謎解きは驚愕。途中のありえない展開に、ただただ驚かされる。物語に惹きこまれ、最後まで飽きずに読めるところも良い。
    ただラストは今までの流れと比べると、あっさりとし過ぎかなとも思う。決して悪くはないのだけど。もっと残酷なバッドエンドでも良かった。

  • 甘過ぎる結末で驚いた。
    物語のじっとりした質感は面白かったのだけど、叙述トリックは必要だったかなぁ…。

  • 2016.7.8 読了


    ほんと 不可思議な話でした。
    この作者さん 違うシリーズを
    好きで読んでましたが、
    ほんとに 同じ作者さん??て思うくらい
    奇妙な話でした。。。

    どうなるの?どうなるの?で読み進み、
    最後は 割合 ストンと落ちました。

  • 設定から内容から書き方と題材まで全部好き。

  • 人形に魅せられた人たちの人間模様。
    ミステリーの形を取ったラブストーリー。
    後半はぐいぐいと引き込まれページをめくる手が止まらない。
    底に流れる鬱屈した感じ、嫌いじゃないけど、明るいラストにほっとした。

  • 再読。加納朋子さんの著作の中では異色の一作です。
    人形に魅入られ翻弄されていく人々のお話。
    狂気にも似た執着。
    視点を変えながら進んでいく物語は、ある時を境に色を変える。
    異色作ではありつつも、最後はやはり加納さんらしい結び。
    独特の不思議な魅力があり、好きな作品です。

全83件中 1 - 10件を表示

加納朋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コッペリアに関連する談話室の質問

コッペリアを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コッペリアを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コッペリアを本棚に「積読」で登録しているひと

コッペリアの作品紹介

その人形は官能的な肌と壊れた心をもっていた。天才的な人形作家、人形を溺愛する青年、人形になりきろうとする女優、そしてパトロン。人形に憑かれた人々が織りなす情念のアラベスク。新境地を拓く、初めての長編ミステリー。

コッペリアの文庫

コッペリアのKindle版

ツイートする