山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビ

  • 113人登録
  • 3.95評価
    • (11)
    • (15)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 鈴木みき
  • 講談社 (2012年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176835

山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わ~鈴木みきさん、どんどん進化していく~
    って登山歴は長いんでしたね。
    とうとう、「テント担いで編」ですよ。
    アニメ仕立てになっています。
    本当のテン泊入門書なのですが、鈴木さんがこれからテントをはじめる後輩にアドバイスするというストーリーになっているので非常にわかりやすい。
    読んでたら私にもできるかも・・・って無理無理!
    3泊も4泊もテント担いで縦走・・・それも単独で。無理無理!

  • 登山の本でも、テントに特化した内容のコミックエッセイ。
    テントの説明は所感的ではあったが、それが逆に分かり易いというか、鈴木さんの本は気取っていなくて、良い意味でゆるく、ストンと素直に入ってくる内容で好き。
    初心者中の初心者の私には、まだまだ先の話だけど、参考になる話も多かった。

  • どうして 不便な思いをして
    山に登るのか
    自分がテント泊をしたら
    どんなことを考えながら
    登るんだろうか
    孤独を感じながら
    大事なものは何かを考える
    そんな時間なのでしょうね
    私みたいな
    妄想山登り派にも
    楽しめる本でした

  • テントデビューも考えているので、その参考に。女子向けではありますが、男子にも結構有意義。

  • テント泊と山小屋泊の違いを説明。
    テント泊が初めての助手君の用具選びから指導、実践する。
    今まで鈴木みきさんの山の本を読んできて初めてみきさんの厳しい姿が見えた本。
    山の本をいくつか読んでいると山ブームということもあり簡単に自分だって登れるかもという気になってくる。が、浮かれていては命を落とすことだってあるよと諭している。一歩ずつ一歩ずつ着実に歩を進める慎重さと強さが必要。私はやっぱり机上で山を楽しみますv^^

  • 面白かった

  • テントデビューしたい気持ちを後押ししてもらいたくて読んでみました。
    このシリーズは全部読んで、ソロ山行きとかテント泊とか、そそられます。

  • 女子じゃなくても面白い!楽しいテント泊入門書。読めば絶対山に登りたくなります。是非〜〜〜〜〜〜〜〜!

  • テントは張らないと思いますが、へーと思うことがいっぱいありました。持ち運び用のバーナーと鍋は非常時に使えると役に立つと思ったし、一度アルファ米とやらも試したいなと思いました。

  • 前2作品も山登りするしないにかんけいなく楽しめました。今回も楽しみに読んだのてすが、こちらは特に、鈴木みきさんの山への気持ちと山へ向かう人達へのメッセージがとても心に響いてきました。他の方がかかれているレビューにも名言とりあげていらっしゃいますが、私も同じところでグッときました。
    山テントデビューの助手くんがバテそうになったときの、あえて厳しく接するシーンは、いままで経験されてきたみきさんの自然への敬意と助手くんへの愛情がひしひしとつたわり、助手くんへ目的地へついたときに「きつくいってごめんね。」のセリフで号泣してしまいました。
    とてもいい作品だと思います。

全15件中 1 - 10件を表示

山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビのその他の作品

鈴木みきの作品

山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビはこんな本です

山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビを本棚に「積読」で登録しているひと

山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビの作品紹介

女だってきっと叶えられる「テント泊縦走」-大人気コミックエッセイ第3弾。

ツイートする