月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 7615人登録
  • 4.05評価
    • (1987)
    • (804)
    • (1682)
    • (32)
    • (7)
  • 1056レビュー
  • 講談社 (1992年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062550710

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先日読んだ「高校生はこれを読め!」で断トツの一番人気で
    紹介されていたので、さっそく借りて読んでみました。
    「屍鬼」以来の小野さんです。(屍鬼は途中で挫折…)

    中嶋陽子は現代世界からケイキと共に“虚海”を通って
    異界に放り出されてしまう。
    身を守るのは護身用の刀一本のみ。
    文字通りの見知らぬ異界で異邦人になってしまう。

    何度も人に助けられるが結局は騙されてしまい、その合間に
    襲ってくる妖魔との戦いが加わり、身も心もボロボロになってしまう。
    上巻はとにかく理不尽で読んでいるのもつらい。
    下巻でどう展開されていくのか気になります。

    時折陽子が持つ刀を通して、現代の元いた世界の様子が
    分かるのですが、こういう描写(本音と建て前)が高校生に
    向いているというか、共感される部分なんだろうと思いました。

    設定や構成が素晴らしくて、あっという間に読んでしまいましたが
    陽子の孤独な戦いが苦しくって、どうなるのか気になるので
    星4つだけど、苦しさ分を引いて星3つです。

  • 十二国シリーズも新装板でましたねー。
    ぼちぼち購入してぼちぼち読もうかと。
    1作目が魔性の子から始まる。
    んで、後はじゅんぐりに刊行されているようです。

  • ひたすらしんどいです。私にこの本を紹介した友達は、「しんどいと思うけどネズミが出てくるまで頑張って」といって手渡してくれましたが、…………途中から友達への義理とネズミ〜まだか〜ネズミ〜という呪文がなかったら挫けていたかもしれません。初読当時はまだ若かったからか、これでもかこれでもかと出される陽子への壁が辛くて、そればかりが印象に残っている気がします。今でも再読にはかなりの気力の要る本です。

  • 異世界ファンタジーの傑作、「十二国記」シリーズの第一作。
    重厚で骨太な世界観と人物描写に、時間を忘れるほどのめり込みます。
    何時読んでも何度読んでも、何十回読んでも面白い。たぶん百回読んでも変わらずにすごく面白い。面白いというか、圧倒されるほど凄い!

    初めて読んだ時、この上巻の展開が暗くて挫折しかけ、途中からすっ飛ばしました(笑)
    で、下巻を読み始めたらあまりの面白さに止まらなくて一気に読み終わり、それから上巻を読み直したら今度は面白く、今度はこれも一気読み。
    どれも面白いですが、やはり陽子(慶国)が中心となる「月の影 影の海」「風の万里 黎明の空」「黄昏の岸 暁の天」の3作が大好き!

    刊行ペースは遅いのですが、この作品なら待てる。

  • 出た当時に買って読んだのだが、気分で再読。
    シリーズものでとにかく長いけれど面白い。異国の地での裏切られ方がリアルというか、なかなか過酷なストーリーなのがやっぱりいい。

  • 私の人生を形作ったもののひとつ。

    初めて読んだ思春期の頃から、大人になった今でも、転んだり立ち止まるたびにここに戻ってきた。

    ひとのあり方、生き方が詰まった一冊。
    特に十代の人に読んでもらいたいシリーズです。

  • 再読。2013.02.09

    中学生の時に好きになり、既刊すべて揃えたもののシリーズ3作目以降読んでいなかったので、新作が出る前に、そして長期休みである内に読破しようと思った。


    アニメも見直したばかりだったので景色や人の顔などイメージしやすく、ストーリーも比較しやすかった。中学の頃はアニメを先に見ていたこともあって原作では少し物足りないような気もしていたが、今読んでみると原作もやっぱり面白い。浅野くんや杉本さんが居ない分、陽子ひとりの感情が伝わりやすい。

    どうして自分だけがこんな目に?と思うことは普通に生きていてもそこそこある。全部人のせいにして逃げたくなることも、自分は悪くないと思おうとすることも。
    初めはすべてを他人のせいにして逃げていた陽子が、人に裏切られ、自分の今までを見つめ直していくうちに強くなってきている。すべてのことが自分の思い通りに進むことなんてあり得なくて、人生は往々にして辛いことばかり。出来るだけ楽な方に進もうとすることも一つの道だけれど、逃げずに自分や周囲と向き合い、見つめることで得るものもきっとある。裏切りばかりでなく、本当の救いもきっとある。


    星が登場する場面を表す言葉が美しくて好きです。血や泥に塗れる描写の多い作品だけど、ふとした場面で綺麗な景色を表現する言葉遣いが素敵です。昔は気づかなかったようなところも、大人になって読み返してみたら「ああ、ここ好きだな」というような文章がたくさんありました。

    続きを読み直すのも楽しみです。

  • この本を読んだときの衝撃は今でも忘れられない。

    現代社会から蓬莱という異世界をに渡せられてしまった陽子の視点で書き上げられる現代社会の人間関係は、当時中学生だった私に衝撃を与え、何度も読み返した。

    上の陽子を嫌う人は多いと思う。でも、そこには同属嫌悪のような感情はないだろうか? 特に中高生は陽子の『弱さ』に自分の持つ『弱さ』を見出すことができるのではないだろうか……。

    そして下ではただ悲嘆にくれ、暗澹な気持ちを読者に残すのでなく、そこから立ち上がっていく陽子の行動が勇気を与えてくれた。

  • 心が折れたときに開く本。

    情けなくて、いいたいことが言えなくて、みんなに嫌われたくないから怖がって、だから誰からも好きになってもらえない、陽子の話。
    でもこれってわたしのことなんじゃないかと思ってしまうほど、心に刺さる。
    陽子は16歳の高校一年生で、立派な(?)思春期だからそれが余計に切実なんでしょうね。大人になってしまうと陽子のようにその感情に真摯に立ち向かうことはとても難しいなあと感じます。

    友達とうわべだけの付き合いしかできない、両親からは女の子らしい子供であることをもとめられるがなにもいえない、そんな居場所を失った彼女の目下の悩みは毎日見る夢。
    見たこともないような獣がどんどん自分に近づいてくる。昨日はもう、もうすぐそこまでその獣は来ていた。殺されてしまうのか?ばかな、ただの夢だろう、でも…。悩む陽子。その前に訪れた金色の髪の男。そして月の影を通って彼女は12の国で構成された世界へ連れられてしまう。
    彼女を迎えるのはびっくりするぐらいの、苦難。
    でもそのなかで陽子は答えを見つける。

    誰かを信じるときに、陽子の気持ちを思い出すことがあります。
    前向きになれる言葉が多いんですよねえ。
    一緒に立ち向かってるようで、心強いです。
    既読の方が多いシリーズで、最新作を待ち焦がれている人も覆いのではないでしょうか?わたしもそのひとりです。笑
    陽子がかっこいいんですよねー。
    キャラ読みではないですが、やはり陽子メインのお話が好きです。

  • ひとりなのか。原作は。
    3人ですら心細い異世界を、ひとりとはなんと心細い。
    共にいるはずのものは手足を動かしてくれるだけ、やっと現れた同行者はろくなこと言わない。
    ほんと嫌になるだろうな。

全1056件中 1 - 10件を表示

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)のその他の作品

小野不由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

「あなたは私の主、お迎えにまいりました」学校に、ケイキと名のる男が突然、現われて、陽子を連れ去った。海に映る月の光をくぐりぬけ、辿りついたところは、地図にない国。そして、ここで陽子を待ちうけていたのは、のどかな風景とは裏腹に、闇から躍りでる異形の獣たちとの戦いだった。「なぜ、あたしをここへ連れてきたの?」陽子を異界へ喚んだのは誰なのか?帰るあてもない陽子の孤独な旅が、いま始まる。

ツイートする