月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 7572人登録
  • 4.05評価
    • (1979)
    • (799)
    • (1679)
    • (32)
    • (8)
  • 1046レビュー
  • 講談社 (1992年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062550710

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
荻原 規子
荻原 規子
小野 不由美
梨木 香歩
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • ひとりなのか。原作は。
    3人ですら心細い異世界を、ひとりとはなんと心細い。
    共にいるはずのものは手足を動かしてくれるだけ、やっと現れた同行者はろくなこと言わない。
    ほんと嫌になるだろうな。

  • アニメ見てたけど、原作では杉本と浅野って十二国までついて来ないんだな。
    アニメだからさくさく見れてた様で、今巻はなかなか読み進めれなかった。
    陽子がひたすら辛い目にあってるだけの巻だったからなぁ…。
    景麒は陽子を十二国に連れて来るだけ連れてきてどっか行ってしまうだけで、そこから全然登場しなくなってしまった。
    主要人物が初っ端からいなくなるのも珍しい様な(笑)

    それにしても陽子はほんと最初から最後まで散々な目に遭ってたな。読んでて辛かった。
    馬車のおっさんには囮にされるし、次に会った農村のおばさんには娼館に売られそうになるし、同じ日本から十二国に来たじいさんには金盗まれて逃げられるし、ほんとロクな目に遭ってない。
    旅人の親子?はどうだったんだろう。
    食べ物分けて心配してくれて、今までの人たちとは違って本当に良い人だったのかな?

    ちょいちょい出てくる猿と剣が見せる幻影?はなんだろうか。
    鞘を馬車で囮にされたとき落としてしまったからその弊害かなんかかな?
    あの鞘はもう手元に戻らないんだっけ?

    上巻がひたすら読んでてしんどかったから下巻読むの迷うな。

  • 陽子無事で。

  • 正直何度「景麒はよ来いや…!!!」と思ったか。浅野くんの都合のよさに悶々としましたが、これがきっと現代社会の”普通”なんだろうなあと思いました。

  • やっぱりおもしろい。
    それにしても主人公に厳しい。
    契約のシーンは秀逸。

  • ときどき読み返すバイブル的存在のシリーズ。心が荒んだ時、これを読めば少しは前を向くことができる。

  • ずっと敬遠していたのですが、司書の先生におすすめされて読んでみたところ、ドハマりしました.....www

    ファンタジーが苦手だからとか、カタカナが苦手だからとか言ってないで、もっと前から読んでればよかったですwww

    下巻が楽しみです(*´艸`)

  • 全然知らなかったんだけど、異世界転移ものだったんですね。あとがきで小野不由美も言っているけど、第1巻上巻から暗い、というか苦しい。主人公(視点人物?)陽子のこのあとにとって結果的に(したがって作劇上も?(とかいって))必要な苦難ではあったんだろうけども

  • 人の薦めで。
    「ハイ・ファンタジー」というジャンルは初めてで、新鮮。意外と読みやすい。

  • 十二国記の景王、陽子の物語。
    自分の意見を封じ込めて過ごす高校生が、王へと育っていく。これからが楽しみ。
    何年も前に、アニメを見て十二国記の虜になった。
    アニメとは少々違うらしい。

  • 昔アニメで少しだけ見て、陽子の置かれた状況の過酷さに挫折した作品。
    原作があることを教えてもらい読み始めたら、過酷さの山場ばかりで前半は読み進めるのが痛かったし、後半からは涙が止まらなかった。

    普通の女子高生として生きてきた昨日から、戦場に置かれた戸惑いや、徐々に身体的にたくましくなっていく様、心の在り方や自分の生き方や周りとの付き合い方には身につまされる事が多すぎて辛い。

    それでもこれを読まなきゃ始まらないし、陽子の行く付いた先から読み始めたとしたらこの作品の魅力は半減してしまうと思う。
    陽子の痛みや悩みがダイレクトに伝わってきて慣れるまでは顔をしかめていなければ過ぎ去らない。
    この先の光を求めて、読み手の私も自分の駄目な場所を鏡で写し続けながら一緒に成長出来たらいいなと思う。

  • だいぶ前に読んだものだけど。
    十二国記を読んでからハイ・ファンタジーが好きになったなあ。

  • アニメを見てからいつか読もうと思いつつ、あまりにも長くて手をつけていなかった作品。
    アニメを見てから6年ぐらい経ち、ようやく思い腰を上げて…みた途端やられました。

    最初こそキャラクター名が多すぎて混乱するものの、あえてそこは読み飛ばして進めていくと…

    後編無しには語れないのでレビューも後編に続きます。

    07/26/14〜07/26/14

  • シリーズすべて通して、好きです。

  • ファンタジーは苦手だけど、薦められて読んでみたら面白い!!
    たまにある挿し絵が役立ちます。

  • 友人に勧められて読みました

    個人的にライトノベルは好きじゃないので名前は知ってたけど今まで読まず嫌いでした

    ……ラノベじゃないですね、これ
    すみませんでした……

    詳しい感想は下巻で

  • 下巻にまとめて。

  • シリーズ1。主人公中嶋陽子が突然ケイキによって異世界に連れ去られる。 主人公が異世界に迷い込む話はよくありますが、ご都合展開にはせず、 えらい苦労する描写がとても新鮮でした。 リアリティのあるファンタジーで児童書(ラノベ?)とは思えない、大人でも楽しめる作品かと思います。

  • 小野主上とは、卒業高校が同じ
    しかも主人公と私は
    名前の読み方が全く同じ、ということで
    高校生のころに図書委員の子に薦められて読み始めたら
    もう!という本。
    一気に読んでしまいます。

  •  十二国記シリーズの第一作目「月の影 影の海」は、日本にいるごく普通の女子高生だった主人公中嶋陽子は見知らぬ男に連れられて、異界に来てしまいます。
     見知らぬ国でさまざまな困難や試練に立ち向かい、たくさんの裏切りにあっても生きようと前を向く姿にはたくさんの勇気をもらえることでしょう。陽子の年齢は高校生で、大学生である私たちとも比較的年が近く、感情移入がしやすくなっています。陽子を異世界に連れてきた男の正体や異世界の人たちの人間らしい描写、そして陽子の葛藤など、見どころは盛りだくさんです。中華風ファンタジーが好きな人には、是非ともおススメしたい一冊です。 [ペンネーム・あかいろ]

  • 段々おもしろくなってきた!下巻が楽しみ。

全1046件中 1 - 25件を表示

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の作品紹介

「あなたは私の主、お迎えにまいりました」学校に、ケイキと名のる男が突然、現われて、陽子を連れ去った。海に映る月の光をくぐりぬけ、辿りついたところは、地図にない国。そして、ここで陽子を待ちうけていたのは、のどかな風景とは裏腹に、闇から躍りでる異形の獣たちとの戦いだった。「なぜ、あたしをここへ連れてきたの?」陽子を異界へ喚んだのは誰なのか?帰るあてもない陽子の孤独な旅が、いま始まる。

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)の文庫

ツイートする