人の性格はDNAで決まっている (講談社+α新書)

  • 22人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 講談社 (2013年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062727921

人の性格はDNAで決まっている (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人の気分や感情に作用する脳内物質であるドーパミンとセロトニン。その感受性には個人差があって、それは遺伝的に決まっている。ドーパミンはやる気物質で、その感受性が強い人は大胆、弱い人は慎重。セロトニンは精神安定物質で、強い人は楽観的、弱い人は悲観的だそうだ。だからDNA検査でそれらの物質の感受性を調べれば性格が分かるっていうのが本書の趣旨。

    まあ、血液型性格診断よりは科学的根拠があるのだろうけど、性格の全てがドーパミンとセロトニンで決まるわけではなく、人格形成ってのはもっと複雑なのが実際のところみたい。

    ただ性格の傾向がDNAで決まるというのもあながち嘘ではないようだし、雑学程度に読むには良い本です。

  • 人間の性格を決めるのは、脳内伝達物質であり、それに関連するDNAを調べれば、科学的に性格が診断できる。
    性格診断と言えば、血液型による性格診断がもてはやされているが、血液型性格診断を信じているのは日本人くらいのものであり、その他大勢の外国人は、このようなDNA性格診断の活用が進み、カウンセリングや職業適性、進路選択などのアドバイスも、科学的な分析をベースに行われるようになってきている。
    具体的には、人間のやる気に関係するドーパミン、不安傾向に関係するセロトニンを分析し、性格を診断する。ドーパミン受容体のタイプとセロトニン・トランスポーターのタイプによって
    ①楽観・新奇性型:ドーパミン繰り返し2回、セロトニンL遺伝子とS遺伝子
    ②慎重・新奇性型:ドーパミン繰り返し4回、セロトニンS遺伝子とS遺伝子
    ③楽観・じみち型:ドーパミン繰り返し2回、セロトニンL遺伝子とS遺伝子
    ④慎重・じみち型:ドーパミン繰り返し4回、セロトニンS遺伝子とS遺伝子
    に分けることができる。
    また、感情や気分と関係するノルアドレナリンの量によって、これらをさらに2つに分けることができ、これらのタイプの裏タイプとでも呼べるような性格に分類することができる。

  • 人の性格は、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンをよく感じるかそれらに対して鈍感か、で性格が決まる、とします。

    そして、それらはDNAで決まっているとも…

    山崎は「爪を隠したネコ」タイプで自分の裁量で仕事をして行くのが好き。自分の弱さを認めず、ストレスを貯める、と。

全3件中 1 - 3件を表示

中原英臣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

人の性格はDNAで決まっている (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

人の性格はDNAで決まっている (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人の性格はDNAで決まっている (講談社+α新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

人の性格はDNAで決まっている (講談社+α新書)の作品紹介

血液型はもう古い。遺伝子が明かす日本人「4つの性格」。企業から軍隊まで、DNA診断が採用・出世を分ける時代は目前。科学的成功の新方程式。

人の性格はDNAで決まっている (講談社+α新書)はこんな本です

人の性格はDNAで決まっている (講談社+α新書)のKindle版

ツイートする